日本史であり世界史か…日本が世界に誇る英国4人組ハードロックバンドQueenの
70年代~80年代~90年代に発売された歴代オリジナルアルバム( =Amazon MP3で購入可)を
古い作品から順番に一覧にしてみました(戦慄の王女Made In Heavenの全部で15枚)。
つまりアルバムに収録されている楽曲の年表みたいなもんです。



Amazon Music



ついでに現在、公式で視聴できる「Queen official youtube channel」にアップされてる
クイーン14枚のオリジナルアルバム(フラツシュゴードンのサントラ)収録の
全曲の再生回数( =video views)を一覧にしました(国内版ボーナストラック除く)。

※令和元年の初日( =5月1日)時点の再生回数
※再生回数の下2桁 ⇒切り捨て

全アルバムの方向性を振り返ると…キャリアの途中、(俗世間的な音楽に)寄り道して、
終盤に再びビルドアップしつつ原点回帰へと寄せて行くサウンドの変遷は、
まさに劇的な展開じゃないかと思います。


1枚目のアルバム…Queen/戦慄の王女(73年)




Queen (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】戦慄の王女 (特典:メガジャケ付)



Queen(73年)
邦題:戦慄の王女
Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
Keep Yourself Alive
(炎のロックンロール)
約10,042,500回Official Video
(08年9/29)
Doing All Right約1,911,700回Official Lyric Video
(14年9/30)
Great King Rat約1,183,900回Official Lyric Video
(14年9/30)
My Fairy King約1,127,500回Official Lyric Video
(14年9/30)
Liar約5,170,400回Official Video
(08年9/29)
The Night Comes Down約496,200回Official Lyric Video
(14年9/30)
Modern Times Rock n Roll約348,200回Official Lyric Video
(14年9/30)
Son and Daughter約393,800回Official Lyric Video
(14年9/30)
Jesus約632,500回Official Lyric Video
(14年9/30)
Seven Seas Of Rhye
(輝ける7つの海)
約214,900回Official Montage Video
(14年9/30)


Keep Yourself Alive
(炎のロックンロール)
空耳アワー石油王には敵わねぇ
(Take You All Your Time And A Money)


クイーンの記念すべきファーストアルバム(73年)ですが、
タイトルが、Queen =戦慄の王女という凄まじい邦題です。

サウンドの比率は、フレディのピアノよりも
ブライアンメイのギターサウンドが、圧倒的に占めている
(長嶋風に言うならば)所謂一つのハードロックなアルバムです。


まさか約10年後( =80年代突入後)に、ディスコソング/シンセポップ等で、
大ヒットを飛ばすなんて、(現時点で)誰が想像したでしょうか…
って感じの純然たるハードロックを奏でるバンドのサウンドです。

確かに、1作目から戦慄のサウンド(&唄も)で、
既に、後々ワールドワイドで大化けする片鱗を見せています。

デフレパードの2nd「High 'n' Dry」(81年)やメタリカの1st「Kill'em All」(83年)や
パンテラのメジャーデビュー1stアルバム「Cowboys from Hell」(90年)と同様に、
成虫( =次作)へと脱皮する途中の言わばサナギの様な位置のアルバムかもしれません。


2枚目のアルバム…QueenⅡ(74年)




Queen II (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】クイーン Ⅱ (特典:メガジャケ付)



Queen2(74年)Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
Procession約907,500回Official Montage Video
(14年10/8)
Father To Son
(父より子へ)
約864,600回Official Lyric Video
(14年10/8)
White Queen(As It Began)約1,039,600回Official Lyric Video
(14年10/8)
Some Day One Day約501,500回Official Lyric Video
(14年10/8)
The Loser In The End約345,600回Official Lyric Video
(14年10/8)
Ogre Battle
(オウガバトル 人喰い鬼の闘い)
約733,000回Official Lyric Video
(14年10/8)
The Fairy Fellers Master-Stroke
(フェアリーフェラーの神技)
約725,700回Official Lyric Video
(14年10/8)
Nevermore約1,001,500回Official Lyric Video
(14年10/8)
The March of The Black Queen約3,133,300回Official Lyric Video
(14年10/8)
Funny How Love Is約339,400回Official Lyric Video
(14年10/8)
Seven Seas Of Rhye1
(輝ける7つの海)
約1,747,600回Official Lyric Video
(17年12/28)
Seven Seas Of Rhye2
(輝ける7つの海)
約7,267,300回Promo Video
(14年2/24)


Ogre Battle
(オウガバトル 人喰い鬼の闘い)
空耳アワー横目がスケベくさい
(The Ogre Men Are Still Inside)
空耳アワー湯気たまらん湯気たまらん
(You Can Come Along You Can Come Along)


クイーンのセカンドアルバム「クイーン2」は、1~5曲目までの所謂「ホワイトサイド」
6~11曲目までの所謂「ブラックサイド」と、2部構成になっている作品です。

フレディマーキュリーサイドとも言うべきSide Black/ブラックサイドは、
1つの流れになっていて、激流で河川が氾濫し堤防が決壊するかの如く
目まぐるしく展開して行く音のジェットコースターです。

有名な「Greatest Hits1」(81年)は、「輝ける7つの海」しか収録されていないので、
ベストアルバムしか所有していないクイーンのライトユーザーは、
「ブラックサイド」の“恐ろしさ”を知らないかもしれません。

何だか…ロックと芸術を行ったり来たりしている感じです。
前作「戦慄の王女」では、まだ半分寝ていたんじゃないかと錯覚させる程に、
作曲家フレディマーキュリーのアイディア&エナジーが、360度に全開です。

覚醒したアムロレイが、機動戦士ガンダム( =RX-78)で、
12機のリックドム+機動ビグザムを(3分どころか)瞬殺な感じです。

フレディが亡くなった直後のNHK-FM「ミュージック・スクエア」で、
DJの(音楽界のターザン山本こと)渋谷陽一が、追悼の意味を込めて、
ブラックサイドを丸ごと流す出血大サービスをしていました。


3枚目のアルバム…
Sheer Heart Attack/シアーハートアタック(74年)




Sheer Heart Attack (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】シアー・ハート・アタック (特典:メガジャケ付)



Sheer Heart Attack(74年)Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
Brighton Rock約5,620,800回Official Lyric Video
(14年10/9)
Killer Queen約132,730,300回Top Of The Pops1974
(08年8/1)
Tenement Funster約517,000回Official Lyric Video
(14年10/9)
Flick Of The Wrist約1,159,400回Official Lyric Video
(14年10/9)
Lily Of The Valley
(谷間のゆり)
約1,032,600回Official Lyric Video
(14年10/9)
Now I'm Here
(誘惑のロックンロール)
約12,791,700回Official Video
(08年9/1)
In The Lap Of The Gods
(神々の業)
約430,500回Official Lyric Video
(14年10/9)
Stone Cold Crazy約1,500,600回Official Lyric Video
(14年10/9)
Dear Friends約463,000回Official Lyric Video
(14年10/9)
Misfire約365,700回Official Lyric Video
(14年10/9)
Bring Back That Leroy Brown約374,100回Official Lyric Video
(14年10/9)
She Makes Me約301,700回Official Lyric Video
(14年10/9)
In The Lap Of the Gods
…Revisited

(神々の業 リヴィジテッド)
約1,613,100回Official Lyric Video
(14年10/9)


キラークイーン
空耳アワー頑張れ田渕
(Gunpowder Gelatine)
空耳アワー天ぷらもリアルだ
(Temporarily Out Of Gas)
Now I'm Here
(誘惑のロックンロール)
空耳アワー丼ぶり食えば? すいません
(Don't Worry Baby I'm Safe And Sound)
空耳アワー多摩川
(Don't I Love Her)


4枚目のアルバム…
A Night At The Opera/オペラ座の夜(75年)




A Night At The Opera (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】オペラ座の夜 (特典:メガジャケ付)



A Night At The Opera(75年)
邦題:オペラ座の夜
Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
Death on Two Legs約3,473,800回Official Lyric Video
(14年9/23)
Lazing On A Sunday Afternoon
(うつろな日曜日)
約1,566,400回Official Lyric Video
(14年9/23)
I'm In Love With My Car約5,619,600回Official Video
(13年10/15)
You're My Best Friend
(マイベストフレンド)
約32,126,200回Official Video
(08年8/1)
'39約4,786,800回Official Lyric Video
(14年9/23)
Sweet Lady約661,600回Official Lyric Video
(14年9/23)
Seaside Rendezvous約1,494,100回Official Lyric Video
(14年9/23)
The Prophets Song
(預言者の唄)
約2,542,100回Official Lyric Video
(14年9/23)
Love Of My Life約47,045,400回Official Video
(08年10/21)
Good Company約620,000回Official Lyric Video
(14年9/23)
Bohemian Rhapsody約946,744,700回Official Video
(08年8/1)
God Save The Queen約613,700回Official Montage Video
(14年9/23)


アイムインラブウィズマイカー
空耳アワー楽しいな釣り そっち禁止
(The Mahine A Dream Such A Clean Machine)
空耳アワーズラ買って爺さん
(It's Like A Disease Son)
シーサイドランデヴー
空耳アワーピーマン駄目ですよ~
(Vie Mesdames et Messieurs)
空耳アワーそう、泥棒~
(So Adorable)
The Prophet's Song
(預言者の歌)
空耳アワー飲み過ぎ あんさん 天狗舞派?
(Love Is Still The Answer Take My Hand)
ボヘミアンラプソディ
空耳アワー失礼 松っちゃんですか?
(Too Late My Time Has Come)
空耳アワー生き延びたい
(Aching All The Time)
空耳アワーそんな悶じゃない
(Thunderbolt And Lightning)


「オペラ座の夜」は、どんどん1曲目から収録曲が、次から次へと流れて行く感覚で、
言わば(明確なテーマは掲げて無いけど)コンセプチュアルな雰囲気の作品です。
因みに、フレディ没後に購入した雑誌「レコードコレクターズ」(92年5月号)には、
クイーン版「サージェントペパーズ」と載っていました。

ハードロックバンドとしてデビューしたにも拘わらず
様々なタイプの楽曲 =メンバー4人の結晶が収録されていて、
月並みな表現ですが…中身が「幕の内弁当」状態で驚く作品です。

言い換えれば…中身が「ケーキのアソートセット」状態とか、
サウンドの「高級お歳暮ギフト」状態とか、音の「ぺんてるクレヨン」状態で驚愕します。

個人的に回顧すると…(時期的には)フレディの没する約1年前ぐらいに、
地元のレンタル屋さんで、CDを借りて、(当時あったハイポジ)カセットにダビングしました。


5枚目のアルバム…
A Day at the Races/華麗なるレース(76年)




A Day At The Races (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】華麗なるレース (特典:メガジャケ付)



A Day at the Races
邦題:華麗なるレース
Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
Tie Your Mother Down約6,595,400回Official Video
(08年9/1)
You Take My Breath Away約2,634,300回Official Lyric Video
(14年10/3)
Long Away約408,700回Official Lyric Video
(14年10/3)
The Millionaire Waltz約1,916,300回Official Lyric Video
(14年10/3)
You and I約921,400回Official Lyric Video
(14年10/3)
Somebody To Love
(愛にすべてを)
約228,947,900回Official Video
(13年8/7)
White Man約216,700回Official Lyric Video
(14年10/3)
Good Old Fashioned Lover Boy
(懐かしのラヴァーボーイ)
約490,400回Official Lyric Video
(18年1/1)
Drowse
(さまよい)
約382,600回Official Lyric Video
(14年10/3)
Teo Torriatte
~Let Us Cling Together~
(手をとりあって)
約2,343,500回Official Lyric Video
(14年10/3)


Somebody to Love
(愛に全てを)
空耳アワーわしゃコケた
(Wants To Put Me Down)


前年発売「オペラ座の夜」の2番煎じなアートワークの「華麗なるレース」も
何でも有りで、ごった煮サウンドな幕の内弁当状態の内容です。
サビの部分が、日本語で歌っている曲「手をとりあって」が収録されています。

しかし劇的で流れる様な展開の「オペラ座の夜」と比較すると、
どうも「華麗なるレース」は、トータル的に淡白な印象を受けます。
各曲が、単体で独立している感じです。

ギットリな醤油豚骨チャーシューから若干薄味な豚骨ラーメンになった感じです。
ボヘミアンラプソディがバカ売れして、肩の力が抜けたのでしょうか。


6枚目のアルバム…
News Of The World/世界に捧ぐ(77年)




News Of The World (2011 Remaster)





News Of The World(77年)
邦題:世界に捧ぐ
Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
We Will Rock You約315,040,300回Official Video
(08年8/1)
We Are The Champions
(伝説のチャンピオン)
約181,971,500回Official Video
(08年8/1)
Sheer Heart Attack約1,420,400回Official Lyric Video
(14年9/26)
All Dead, All Dead1約1,550,300回Lyric Video Hybrid Version
(17年10/27)
All Dead, All Dead2約1,719,400回At Last, the Video!
(18年2/14)
Spread Your Wings
(永遠の翼)
約11,451,900回Official Video
(08年8/26)
Fight From The Inside約321,600回Official Lyric Video
(14年9/26)
Get Down, Make Love約606,500回Official Lyric Video
(14年9/26)
Sleeping On the Sidewalk
(うつろな人生)
約309,500回Official Lyric Video
(14年9/26)
Who Needs You
(恋のゆくえ)
約681,700回Official Lyric Video
(14年9/26)
It's Late約1,486,500回Official Lyric Video
(14年9/26)
My Melancholy Blues約2,486,300回Official Lyric Video
(14年9/26)


ウィウィルロックユー
空耳アワー6級 スゲェなぁ
(Rock You! Singin'!)
We Are The Champions
(伝説のチャンピオン)
空耳アワー鼻水が多い多い多い多い
(Let The Music Go On And On And On And On)
空耳アワーチャンポン
(Champion)
シアーハートアタック
空耳アワーあぁ いいよ そう イヤ~ン×7 イヤ~ン乳首!
(I Feel So Inar×7-inarticulate)
ゲットダウン メイクラブ
空耳アワー下駄 目黒
(Get Down Make Love)
マイメランコリーブルース
空耳アワー花のパリ側 なめこそば~
(Another Party's Over And I'm Left Cold Sober)
空耳アワー開かずの間
(I'm Causing A Mild)


7枚目のアルバム…jazz/ジャズ(78年)




Jazz (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】ジャズ (特典:メガジャケ付)



Jazz(78年)Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
Mustapha約2,263,500回Official Montage Video
(14年9/29)
Fat Bottomed Girls約74,359,900回Official Video
(08年8/1)
Jealousy約2,082,100回Official Lyric Video
(14年9/29)
Bicycle Race約13,520,000回Official Video
(08年8/1)
If You Can't Beat Them
(うちひしがれて)
約348,100回Official Lyric Video
(14年9/29)
Let Me Entertain You約594,600回Official Lyric Video
(14年9/29)
Dead On Time約366,200回Official Lyric Video
(14年9/29)
In Only Seven Days
(セブンデイズ)
約385,600回Official Lyric Video
(14年9/29)
Dreamers Ball約541,300回Official Lyric Video
(14年9/29)
Fun It約231,800回Official Lyric Video
(14年9/29)
Leaving Home Ain't Easy
(去りがたき家)
約277,300回Official Lyric Video
(14年9/29)
Don't Stop Me Now約462,958,200回Official Video
(08年8/1)
More Of That Jazz約251,800回Official Lyric Video
(14年9/29)


ムスターファ
空耳アワーい~ばらき
(Abraham)
ファットボトムドザガールズ
空耳アワーサッちゃんの 身になれ!
(Such A Naughty Nanny)
If You Can't Beat Them
(うちひしがれて)
空耳アワーヒロシの上に不意に乗れ
(Keep Your Chin Up When You're Feeling Lonely)
ドントストップミーナウ
空耳アワー鳥みたいだね
(I'll Turn It Inside Out Yeah)
空耳アワー懐かしいぞ
(Ecstasy So)
空耳アワー母さん ハブ殴ったハブ殴った
(Cause I'm Have A Good Time Have A Good Time)


8枚目のアルバム…The Game/ザ・ゲーム(80年)




The Game (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】ザ・ゲーム (特典:メガジャケ付)



The Game(80年)Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
Play The Game1約17,413,700回Official Video
(08年8/26)
Play The Game2約339,400回Official Lyric Video
(18年1/11)
Dragon Attack約1,477,400回Official Lyric Video
(14年9/25)
Another One Bites the Dust1
(地獄へ道づれ)
約322,047,200回Official Video
(08年8/01)
Another One Bites the Dust2
(地獄へ道づれ)
約2,774,400回Official Lyric Video
(16年12/19)
Need Your Loving Tonight
(夜の天使)
約622,900回Official Lyric Video
(14年9/25)
Crazy Little Thing Called Love
(愛という名の欲望)
約126,947,000回Official Video
(08年8/01)
Rock It(Prime Jive)約468,700回Official Lyric Video
(14年9/24)
Don't Try Suicide
(自殺志願)
約871,900回Official Lyric Video
(14年9/24)
Sail Away Sweet Sister約811,400回Official Lyric Video
(14年9/25)
Coming Soon約249,300回Official Lyric Video
(14年9/25)
Save Me1約28,944,500回Official Video
(08年8/20)
Save Me2約332,700回Official Lyric Video
(18年1/04)


プレイザゲーム
空耳アワー童●発言
(Don't Play Hard To Get)
Another One Bites The Dust
(地獄へ道づれ)
空耳アワー大竹!腹立つ 誰だって!
(Oh Take It! Bite The Dust Bite The Dust Yeah!)
セイブミー
空耳アワー総武線のレール
(Soul For Sale Or Rent)
空耳アワーおー連休だな
(Oh...I'm Naked And I'm)


9枚目のアルバム…
Flash Gordon/フラッシュゴードン(80年)




Flash Gordon: 2011 Remaster



【Amazon.co.jp限定】フラッシュ・ゴードン (特典:メガジャケ付)



「Flash Gordon」
サントラ(80年)
フラッシュのテーマ
(Flash's Theme)
空耳アワー背広でユニットバス
(Savior Of The Univers)
空耳アワーいっせーので笑わす
(He Save Everyone of Us)
空耳アワーゴールじゃない
(Gordon's Alive)
空耳アワー金曜日 パソコン
(King Of The Impossible)


10枚目のアルバム…Hot Space/ホットスペース(82年)




Hot Space (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】ホット・スペース (特典:メガジャケ付)




Hot Space(82年)Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
Staying Power約362,900回Official Lyric Video
(14年10/7)
Dancer約295,100回Official Lyric Video
(14年10/7)
Back Chat約3,416,600回Official Video
(08年12/1)
Body Language約3,314,700回Official Video
(08年10/7)
Action This Day約209,200回Official Lyric Video
(14年10/7)
Put Out The Fire1約153,400回Official Lyric Video
(14年10/7)
Put Out The Fire2約159,900回Official Video
(13年10/15)
Life Is Real(Song For Lennon)
(レノンに捧ぐ)
約451,600回Official Lyric Video
(14年10/7)
Calling All Girls約1,273,300回Official Video
(08年12/8)
Las Palabras De Amor
(愛の言葉)
約4,530,200回Top Of The Pops1982
(08年12/8)
Cool Cat約1,380,700回Official Lyric Video
(14年10/7)
Under Pressure約133,957,700回Official Video
(08年9/9)


ダンサー
空耳アワー君のでいいから食べたい
(I Can't Live With It I'm Gonna Die Without)
ボディランゲージ
空耳アワー君いやぁ やっぱねぇ どんたく
(Give Me Yeah Your Body Don't Talk)
空耳アワーあー終わっちゃった
(I Want Your Body)
アンダープレッシャー
空耳アワー左だね
(Dida Dida Da)


11枚目のアルバム…The Works/ザ・ワークス(84年)




The Works (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】ザ・ワークス (特典:メガジャケ付)



The Works(84年)Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
Radio Ga Ga約126,913,600回Official Video
(08年8/1)
Tear It Up約581,000回Official Lyric Video
(14年9/24)
It's A Hard Life
(永遠の誓い)
約22,677,100回Official Video
(08年10/7)
Man On The Prowl約327,000回Official Lyric Video
(14年9/24)
Machines(Or Back To Humans)
(マシンワールド)
約342,600回Official Lyric Video
(14年9/24)
I Want To Break Free1
(ブレイクフリー 自由への旅立ち)
約27,246,100回Official Lyric Video
(14年9/24)
I Want To Break Free2
(ブレイクフリー 自由への旅立ち)
約292,091,100回Official Video
(08年9/1)
Keep Passing the Open Windows
(愛こそすべて)
約432,900回Official Lyric Video
(14年9/24)
Hammer To Fall約12,537,100回Official Video
(08年11/24)
Is this the World We Created...?
(悲しい世界)
約1,598,300回Official Lyric Video
(14年9/24)


Machines(Or 'Back To Humans')
マシーンワールド
空耳アワー肉厚でした
(Midwife's A Disk Drive)
ハンマートゥフォール
空耳アワーズボン脱いで放尿ね
(Till One Day They Call Your Name)


11枚目のオリジナルアルバム「ザ・ワークス」は、
今まで発表したタイプの楽曲を一通り並べてみました的な
集大成…まさに「作品集」(寄せ集め)っぽいです。

「クイーン2」(74年)のジャケットは(ボヘミアンラプソディのPVも然り)、
神秘的で、浮世離れしていて、魅惑的で魅力的で、黒で統一感があって、
メンバー4人共、ちゃんとハードロッカーな長髪でしたが…

今作のジャケ写は…メンバー4人供、日常生活の服装っぽく( =普段着)で、
しかもチープトリック的なバラバラ加減で、
挙句の果てに、地ベタに座り込んでいる言わば…俗世間っぽい集合写真です。

フレディに至っては、(既にでしたが)髭 +短髪のルックス
更に駄目押しで、黒のタンクトップ姿です。
ジョン・ディーコンの髪型も何だか鳥の巣みたいで、頭部中央に、何個か卵を産みそうです。


12枚目のアルバム…
A Kind of Magic/カインドオブマジック(86年)




A Kind Of Magic (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】カインド・オブ・マジック (特典:メガジャケ付)



Kind of Magic(86年)Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
One Vision(Extended)
(ワンヴィジョン ひとつだけの世界)
約15,269,900回Official Video
(13年10/16)
One Vision
(ワンヴィジョン ひとつだけの世界)
約4,363,700回Official Video
(08年12/08)
A Kind of Magic約45,947,000回Official Video
(08年8/01)
One Year Of Love
(愛ある日々)
約2,916,600回Official Lyric Video
(14年9/22)
Pain Is So Close To Pleasure
(喜びへの道)
約566,100回Official Lyric Video
(14年9/22)
Friends Will Be Friends
(心の絆)
約26,046,600回Official Video
(08年10/07)
Who Wants To Live Forever
(リヴフォーエヴァー)
約98,147,900回Official Video
(08年8/01)
Gimme The Prize
(Kurgan's Theme)
約657,200回Official Lyric Video
(14年9/22)
Don't Lose Your Head約431,400回Official Lyric Video
(14年9/22)
Princes Of The Universe約28,596,100回Official Video
(08年12/01)


One Vision~ひとつだけの世界~
空耳アワー意味はナイ!
(Gimme One Night)
カインドオブマジック
空耳アワーワサビワサビワサビだぁ
(Will Soon Be Will Soon Be Will Soon Be Gone)
ギミーザプライズ
空耳アワー歩いた ほら転んだ
(I'll Eat Then Whole Before I'm Done)




13枚目のアルバム…The Miracle/ザ・ミラクル(89年)




The Miracle (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】ザ・ミラクル (特典:メガジャケ付)



The Miracle(89年)Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
Party約541,700回Official Lyric Video
(14年10/02)
Khashoggi's Ship
(カショーギの船)
約282,700回Official Lyric Video
(14年10/02)
The Miracle約20,631,000回Official Video
(08年09/29)
I Want It All約58,748,000回Official Video
(08年08/20)
The Invisible Man約14,430,700回Official Video
(08年09/29)
Breakthru約23,649,200回Official Video
(08年09/09)
Rain Must Fall約336,700回Official Lyric Video
(14年10/02)
Scandal約9,628,500回Official Video
(08年09/29)
My Baby Does Me約231,100回Official Lyric Video
(14年10/02)
Was It All Worth It
(素晴らしきロックンロールライフ)
約690,600回Official Lyric Video
(14年10/02)


インビジブルマン
空耳アワー右の人 どうかしてる
(Meanest Thought Darkest Fear)
ブレイクスルー
空耳アワー勃ち飲み
(Touchin' Me)




14枚目のアルバム…Innuendo/イニュエンドゥ(91年)




Innuendo (2011 Remaster)



Innuendo(91年)Official YouTube
再生回数
備考
(公開日)
Innuendo約36,903,700回Official Video
(13年10/15)
I'm Going Slightly Mad
(狂気への序曲)
約26,065,200回Official Video
(13年10/15)
Headlong約6,592,500回Official Video
(13年10/15)
I Can't Live Without You約781,000回Official Lyric Video
(14年10/10)
Don't Try So Hard約1,292,000回Official Lyric Video
(14年10/10)
Ride The Wild Wind約817,700回Official Lyric Video
(14年10/10)
All God's People
(神々の民)
約350,400回Official Lyric Video
(14年10/10)
These Are The Days Of Our Lives
(輝ける日々)
約54,415,000回Official Video
(13年10/15)
Delilah
(愛しきデライラ)
約1,489,100回Official Lyric Video
(14年10/10)
The Hitman約490,700回Official Lyric Video
(14年10/10)
Bijou約783,200回Official Lyric Video
(14年10/10)
The Show Must Go On約107,546,600回Official Video
(13年10/15)


ヘッドロング
空耳アワーあら軍曹
(Out Of Control)
These Are The Days Of Our Lives
(輝ける日々)
空耳アワーみんなで一緒に
(Ain't That A Shame?)


「イニュエンドウ」は、残念ながら結果的にフレディマーキュリー存命最後の作品となりました。
歴代の作品で、最もハードでヘビィなサウンドがキッシリ詰まったアルバムでしょうか。
前作の「ザ・ミラクル」(89年)から打って変わり、重厚で壮大な広がりを持ち
それでいて緊張感を持った(何と言うか張り詰めた部分)が、大半を占める様な作品の印象です。

過去のアルバム群と比べマッチョで骨太で、
フレディが、天へ召される前の魂がぶつかる様な渾身のサウンドに感じます。
「ボヘラプ」以来の組曲であるタイトルナンバー(しかもシングル曲!)「Innuendo」が圧巻です。

繰り返しますが…フレディ生前最後のアルバムとは思えない程、重く緊迫感のある音世界なので、
テレビCMの使用曲や「Greatest Hits」収録の楽曲 =クイーンの曲というイメージだと、
正直、びっくらこくかもしれません。

個人的に、初めてリアルタイムで購入したクイーンのオリジナルアルバムでもあります。
購入した時期的にも寒い冬を思い出します。

しかしアルバム発売と同じ年に、ヴォーカリスト病死という急転直下な悲劇が起こり、
個人的にも(Queenの存在を知って、未だ1年位だったので)驚愕の出来事です。
因みに…フジテレビの夜23時台/プライムタイムのニュースだと、
近藤サトが、フレディ死去のニュースを読み上げました。


15枚目のアルバム…
Made in Heaven/メイドインヘブン(95年)




Made In Heaven (2011 Remaster)



【Amazon.co.jp限定】メイド・イン・ヘヴン (特典:メガジャケ付)



Made In Heaven(95年)再生回数備考(公開日)
It's A Beautiful Day約1,765,300回Official Lyric Video
(14年10/01)
Made In Heaven約3,688,700回Official Lyric Video
(14年10/01)
Let Me Live約1,612,400回Official Lyric Video
(14年10/01)
Mother Love約1,358,100回Official Video
(09年04/06)
My Life Has Been Saved約493,000回Official Video
(09年07/29)
I Was Born To Love You1約1,238,100回Official Video
(09年01/23)
I Was Born To Love You2約35,969,400回Official Video
(14年09/08)
Heaven For Everyone約3,859,600回Official Video
(13年10/15)
Too Much Love Will Kill You約21,869,300回Official Video
(13年10/15)
You Don't Fool Me約5,121,900回Official Video
(09年02/04)
A Winter's Tale約2,409,000回Official Video
(13年10/16)
It's A Beautiful Day(Reprise)約243,400回Official Lyric Video
(14年10/01)


メイドインヘブン
空耳アワー浣腸しよう あの あの あの 誰にする?
(Can't You See Oh I Know I Know I Know That It's True)
いや~先生に
(Yes It's Really)
レットミーリヴ
空耳アワー乳首 冷まそう
(Take A Piece Of My Soul)
マザーラブ
空耳アワーあの兄ちゃん立ちション中
(I Don't Need The Passion Too)
ボーントゥラブユー
空耳アワー仮眠する
(Coming Through)
空耳アワーあの名人 不利で カンニングする
(An Amazing Feeling Coming Through)


クイーン最後のオリジナルアルバムである「メイドインヘブン」は、
前作「イニュエンドゥ」(91年)の張り詰めた緊迫感から解放されたかの様な…
肩の力が抜けていて、それでいて悲しみが敷き詰められた感じのアルバムだと思います。

全体的に…バラード的な楽曲が、大半を占めていて、
個人的に、冬のイメージを想起させるサウンドだと思います。
なので、活きの良い「I Was Born to Love You」のQueen版バージョンが、
アルバムから浮いている様に思えます。

発売日の前日に、新宿の「タワーレコード」まで行って、所謂“フライングゲット”しに行ったら
会社帰りのサラリーマン・女性客等が、
平積みされたCDをどんどん手に取って行く光景を目の当たりにしました。



MUSIC LIFE 特集●ジョン・ディーコン/QUEEN (シンコー・ミュージックMOOK)



冒頭の「誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聴こえる」で御馴染み
メタリカと共に「空耳アワー」の立役者/功労者であるクイーンの曲の「空耳作品」を
各オリジナルアルバム発売順(1973年 ⇒1995年)に、載せてみました。

改めて「空耳」の名作の数々を連チャン目白押し出血大サービスで、
(長年に渡って)製造し続けるロックバンドだと再認識しますw



Amazon Music