TBSの場合は、第1回「WBC」(06年)から第4回「WBC」(17年)まで、
一環としてブレずセパレイトウェイズを使い続けています。

TBSで中継する「アジアプロ野球チャンピオンシップ」での
「稲葉ジャパン」こと日本 VS 韓国(17年11月16日)のテーマ曲は、
やはり「WBC」( =ワールドベースボールクラシック)や「プレミア12」でお馴染みの
Separate Ways(Worlds Apart)/セパレートウェイズ(ジャーニー/83年)でした。



Separate Ways (Worlds Apart)



イントロのキーボードが流れた瞬間…緊迫感&ボルテージが高まります(歌詞は、さて置きw)。
そしてCMに入る前のジングルとして、曲のエンディング部分の
スティーブペリーの研ぎ澄まされてエッヂの効いたシャープな熱い叫びを幾度となく耳にします。

現在のジャーニーのラインナップ(17年時点)は、
Drがディーンカストロノヴォからスティーブスミスにチェンジ(出戻り)して、
スティーブペリー以外の黄金期のメンバー5分の4が揃っています。



グレイテスト・ヒッツ



余談ですが…10年振りに再結成(96年)して、「セパレートウェイズ」の2番煎じっぽい
しかしカッチョイイナンバーである「Message of Love」を放ちます。
間奏で、敢えて「Separate Ways」のイントロっぽいキーボードフレーズが登場するので、
遊び心なのか…聴き手としては、ニヤリとさせられます。

なので「WBC」「プレミア12」で、今までジャーニーの存在は知らなかったけれど、
TBSの中継で「Separate Ways」に興味を持った方には、
焼き直しっぽいけど疾走感のある楽曲「Message of Love」との聴き比べを推奨します。



Message of Love



稲葉篤紀監督率いる新生「侍ジャパン」の「アジアプロ野球チャンピオンシップ」の
対韓国戦の結果は、8 - 7(延長10回タイブレーク)と何だかなぁというスコアで、
辛くも勝利したって感じになりました。

視聴率は、関東地区は7.9%みたいです。
札幌地区の平均視聴率18.4%で、最高視聴率は24.1%だったみたいです。

何故、「アジアプロ野球チャンピオンシップ」の参加国が、
日本・台湾・韓国の3チームだけなのか判りませんが、
せめて豪州・中国が加わって全5チームだったら…もう少しは盛り上がったかもしれません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■
スッキリのオープニング曲…爽やかなジャーニー Anyway you want it
大谷翔平(エンジェルス)…登板時の曲は「Do Or Die」(Remix)
大谷翔平(エンジェルス)…登場曲はOlly Mursの「Wrapped Up」

タグ