モヤモヤさまぁ~ず2の「川口市編」(18年5月27日放送)で、
何故に、番組BGMに選曲されたのか…を(独断と偏見で)一覧にしました。


番組冒頭


冒頭の「川口市」を紹介するVTRの時に…
BGMで使用された曲が、「Theme from S.W.A.T.」(Rhythm Heritage/75年)でした。
水曜スペシャルの「川口浩探検隊」のBGMで、つまり「川口」市と「川口」浩を掛けています。




やはり「川口浩探検隊シリーズ」で、凄くインパクトが強かったのは、
原人/猿人バーゴンの回(82年)でしょうかw
当時、食い入る様に視聴していました。

当時、「プロレススーパースター列伝」( =週刊「少年サンデー」連載)の内容を
本気で信じていた年頃です。


日ノ出屋洋品店


いつものモヤってる3人( =三村・大竹・福田アナ)が、川口市「日ノ出屋洋品店」を訪れました。
そして制限時間100秒以内で、商品を体に装着できるだけ装着して、
総額たったの100円(!)で持ち帰りできる「100秒100円セール」という
定期的に開催される激安・採算度外視・客寄せイベントがあるみたいです。

なので三村・福田アナが、何着着られるのか挑戦する展開になりました。
店員が、薄着になる = 沢山身に着けられると言ったので、
フィッティングルームから出て、のそのそ歩いて来る三村の薄着姿が、
白のタンクトップ&黒のタイツという出で立ちです。

三村が、自虐的に(体型のフォルム含め)「ラッシャー木村の入場です こんばんわ」と言い
BGMで使用された曲が、「Rebirth Of The Beat」(サンディ・ネルソン/69年)でした。
言わずと知れた国際プロ~新日~旧UWF~全日~ノアを渡り歩いたプロレスラーである
ラッシャー木村の入場曲です。




ラッシャー木村が、「金網デスマッチの鬼」という異名 =「国際プロレス」時代は、
リアルタイムでは未体験で、未だプロレス大百科の中の世界でした。

なので、初めてテレビで(動く)ラッシャー木村を見たのは、
「新日本プロレス」時代 =「ワールドプロレスリング」の田園コロシアムでの
所謂「こんばんわ事件」(81年)でした。

後の「全日本プロレス」時代 =「ファミリー軍団」と違って、
頭髪がパンチパーマで、凄い人相が恐いと思いました。


それから福田典子は、100秒間で装着した品物の数が、
結果的に(お店の歴代最高記録に、僅か1着分及ばずの)22着でした。
そしてテーブルの上に、福田アナが着た衣類を折り畳んで並べた映像が流れた時に…
BGMで使用された曲が、Money talks/マネートークス(AC/DC 90年)でした。

幾ら身に着けても総額100円 =激安な価格…こじ付けで“マネー”という事でしょうか。







モヤモヤさまぁ~ず…番組のBGMに使用された曲 一覧(福田典子編)