キリンビールの生活無糖炭酸飲料「NUDA」(ヌーダ)のCMで、
クイーンの曲をBGMに、何と岡村隆史が踊っています(&バク転も)。

CMを初めて視聴した時、Queen + ナイナイの岡村という意外な組合せで驚きました。
(個人的には、一度も「NUDA」を飲んだ事はありませんが…)

しかし踊りの上手い(しかしギャグは、他人のパクリが多いw)岡村隆史と、
クイーンの楽曲「Don't Stop Me Now」の軽快なテンポが、非常にマッチングしてると思います。


同時に、「Have a good time♪ Have a good time♪」と流れた瞬間に、
真剣な表情で踊る岡村との対比が、何だか可笑しいです。

また青色の瓶の「NUDA」に対して、岡村隆史自身が、モノクロ映像なコントラストも
カッコ良さを引き出しているかもしれません。




クイーン7枚目のオリジナルアルバム「ジャズ」収録の「ドントストップミーナウ」は、
当時(90年)、クイーンの「Greatest Hits」(81年)を借りて来て、
一聴して一発で気に入りました。

冒頭の部分は、まろやかなバラードと思わせておいて…
唐突に、軽快にドンドン飛ばして行く楽曲です。


どちらかと言うとブライアン・メイのエレキギターよりも
(フレディの)ピアノが、グイグイ引っ張って行く感じなので、
(従来のハードロックよりも)取っ付き易さはあるかもしれません。

エルトン・ジョン的なピアノロックを彷彿とさせます。

曲調のタイプからして、ドライブとか…チャリンコを漕ぐ時とか…
或いはジョギングをする時のBGMに、用途として打って付けかもしれません。


【COSMO「LIO」のCM…ドントストップミーナウ】

フレディー・マーキュリーが、Heavenへ永遠の在住を決めて以来(91年)、
Queenの楽曲達が、CMソングとして耳にする機会が増えました。

コスモ石油/COSMOの「LIO」のCMソング(92年?93年?)として、
ドント ストップ ミー ナウ/Don't Stop Me Nowが、早くも使用されていました。

同じくドント ストップ ミー ナウ/Don't Stop Me Nowが使われた
コスモ石油「ハイオクガソリン スーパーマグナム」のCM(92年)は、
(運悪く)リアルタイムでは、視聴し逃していたのか…記憶が全然無いのが、正直悔しいです。



ドント・ストップ・ミー・ナウ/Don't Stop Me Nowは、
ベストアルバムだと「グレイテストヒッツ1」(81年)に、収録されています。
企画物だと、ジュエルズ/Jewels(04年)にも収録されています。


そして遂に100億円という超大台に、興行収入を乗せてしまった
映画ボヘミアン・ラプソディ/Bohemian Rhapsodyの
オリジナル・サウンドトラック/Original Soundtrack(18年)にも
Don't Stop Me Now…revisitedという変則タイトルで、当然“鉄板”扱いで、収録されています。

通常のスタジオバージョンと、“…revisited”の部分との違いは、
エンディングの部分以外、よく解らなかったです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■