フレディー没後(91年)~映画「ウエィンズワールド」(92年)の米国人気以降…
Don't Stop Me NowとかI Was Born To Love Youとか伝説のチャンピオンetc.
日本でもクイーンの曲が、次々とTVCMに使用され始めます。

そしてキリンの炭酸飲料「メッツ」のCM(93年頃?)に、
We Will Rock You/ウィウィルロックユーが、使用されていました。



ウィ・ウィル・ロック・ユー



CMの炭酸の泡をスプリンクラーの如く吹き出しながら
地面から這い出て来る巨大な缶( =メッツ)の映像と、
BGMで流れる楽曲の持つダイナミズムが、凄くマッチしていると思います。

また崖の斜面からヒビが割れて、炭酸を吐き出しながら出てくる
巨大な缶( =メッツ)のヴァージョン違いCM映像も豪快です。
確かまだ他のヴァージョンもあった記憶があります。

当時、テレビのCMに使われる曲と言えば、
邦楽/歌謡曲から“Jポップ”という名称で呼ばれ始めた楽曲が、多くを占めていたので、
ハードロックそれもQueenの曲が、CMソングとして耳に流れて来ると…
瞬時に反応して、興奮してしまいました。

小学生の頃( =80年代前半)に発売された「メッツ」のCMに、
まさか90年代に入って、クイーンの曲が使用されるとは、思いませんでした。


ウィウィルロックユー =トライバルなドンドン パッ!の曲


初めて「ウィウィルロックユー」を聴いたのは、今となっては遠い昔のバブル期w
しかしフレディの亡くなる約1年ぐらい前の90年( =平成2年)に、
地元のCDレンタル屋で借りたGreatest Hits(81年)ですが…



【Amazon.co.jp限定】グレイテスト・ヒッツ (特典:メガジャケ付)



最初聴いた時、グローバル且つワールドワイドクラスなまでに超有名なイントロの
足踏み +手拍子で組み合わされた“ドンドン パッ!”(こう聴こえてしまう)や
サビのコーラス部分の響きが、何だか部族の祭祀/祭礼みたいなトライバルなリズムなので、
(とてもブリティッシュとは思えない)一種異様な雰囲気の楽曲に思えました。


We Will Rock You「ドンドン パッ!」…スポーツの試合用か


今では、(伝説のチャンピオンと並んで)「We Will Rock You」は、
(サッカーを始め)世界中のスポーツイベントのアンセムになっています。



We Will Rock You



また大谷翔平が出場しているメジャーリーグの試合をNHKのBSで視聴していると…
球場からWe Will Rock You/ウィウィルロックユーの
御馴染みリズムの“ドンドン パッ!”が、流れて来て、
やはり耳に入って来ると、パブロフの犬の如く瞬時に高揚してしまいます。


We Will Rock You(ムービーミックス)とは


遂には「アカデミー賞」(19年)ノミネート作品となっちゃって、
興行収入も100億円を突破した映画「ボヘミアンラプソディ」のサントラ(18年)だと、
「We Will Rock You -ムービー ミックス‐」として収録されています。



ウィ・ウィル・ロック・ユー (ムービー・ミックス)



スタジオバージョンとの差異は、観客の大歓声とか、サビ部分のレスポンスのSE付です。
それだけか…と言っちゃそれだけなんですがw


【歌詞が「新木優子もPaidy」のCM…クイーンのWe Will Rock Youか】


長谷川潤似のフェイス或いは、黒木メイサ meets桐谷美玲の美貌の持ち主である
新木優子の美しい顔面が、どアップに映る超シンプルな作りのCMにインパクトを感じましたが、
その一方で、聴こえて来る日本語の歌詞にも衝撃を受けました。

ペイディーのCM「新木優子もPaidy編」で、
御馴染みの手拍子“ズンズン・チャツ!”に合わせて、
日本語で「新木優~子もPaidy♪」と、We Will Rock Youの替え歌が流れます。

改めて動画( =YouTube)で拝見しましたが…やはり日本語で耳に入って来ると、
若干のサムさを感じてしまいます(端正で魅惑的なルックスに反して)。

【We Will Rock Youの歌詞…謎な和訳(ポカリスエットCMから)】


大塚製薬「ポカリスエット」CM「Jump編」(15年)の
使用曲が、We Will Rock Youでした。
しかし何故、「Jump」(ヴァンヘイレン/84年)では無いのか判りません。


セーラー服姿の中条あやみ(97年生/身長169cm)の跳躍力と肢体の細長さが、
凄く印象に残るCMですが…

中条あやみが通う高校の校長先生?が、いきなり(多分)朝礼でスタンドマイクを持って、
躍動感溢れながらWe Will Rock Youを歌い出した事を切っ掛けに、
遂には街中の住民達/群衆が、大混乱一歩手前のレベルでシンガロングする展開です。

そして同時に画面の下に、歌詞が映ります。
昔、「グレイテストヒッツ」(81年)の歌詞に目を通した和訳と全然違いますw


【We Will Rock Youの歌詞の和訳…「ポカリ」CM(Jump編バージョン)とは】


情けない顔の生徒諸君
今は気付いて無いけれど 大きな力が眠っている
好きにやれよ

動かせ 動かせ 世界を動かせ 行け! 
動かせ 動かせ 世界を動かせ

何もできない君達は 可能性だけがある君達だ
自信の無い顔は止めて 自分という上りを立てろ

動かせ 動かせ 世界を動かせ


やはり謎感が溢れる和訳に、「新木優子もPaidy♪」と匹敵する位の寒気はします。
(※但しクイーン本人の歌と演奏ではありません。使用料が高かったのでしょうか。)





クイーン全15枚のオリジナルアルバム発売順一覧【=曲の年表】
ボヘミアンラプソディのサントラ…収録曲&曲順【Amazon Music】
クイーン「Jewels」&「Jewels2」収録曲【Amazon Music MP3】
クイーンのGreatest hits1&2収録曲【Amazon Music MP3】