クイーンの“ベースから始まる曲”とか、或いは“ベースラインが土台”となる曲一覧です。
隠れた?キーマンであるジョン・ディーコンの見せ場です。
素敵です。


クイーンのOfficial Youtube…全曲の再生回数一覧【1位の曲は何億回?】
クイーン「ママーウーウウウー♪」曲名とは
ボヘミアンラプソディのエンディング曲とは
クイーン…ズンズンチャ!ドンドンパッ!曲名判明
クイーン…バーイセコ♪とかバイセコー♪曲名判明
クイーンの泣ける曲とは
クイーン「I Was Born to love you」のMP3聴く?
ボヘミアンラプソディのサントラ収録曲&映画の曲順
Queen…Greatest Hits1・2・3の収録曲
クイーン…Jewels&Jewels2の収録曲
クイーン…Greatest Hits In Japan(ベスト12)の収録曲
クイーンのアルバム順番1  ⇒クイーンのアルバム順番2
クイーンのアルバム順番3  ⇒クイーンのアルバム順番4
クイーン「空耳」一覧


Another One Bites the Dust/邦題:地獄へ道づれ




地獄へ道づれ (Remastered 2011)



【クイーン初心者ガイド】Another One Bites the Dustとは…
作曲ディーコン
収録ベストアルバムグレイテストヒッツ1(81年)
収録ベストアルバムグレイテストヒッツ3(99年)
収録ベストアルバムジュエルズ1(04年)
収録ベストアルバム「ボヘミアンラプソディ」サントラ(18年)
空耳大竹!腹立つ 誰だって!
(Oh Take It! Bite The Dust Bite The Dust Yeah!)


Under Pressure/アンダープレッシャー



クイーン +デヴィッドボウイのUnder Pressure/アンダープレッシャー(82年)は、
Another One Bites Dust/邦題地獄へ道づれ以外にも存在する
グイグイと引っ張って行って、ベース音の目立つ(ファンキー且つディスコな)楽曲です。



アンダー・プレッシャー [feat. デヴィッド・ボウイ]



クイーンに超欠かせない人物であり、バンドの「癒し系」担当な
ジョン・ディーコンの奏でるベースラインです。


【クイーン初心者ガイド】Under Pressureとは…
作曲クイーン・Dボウイ
収録ベストアルバムグレイテストヒッツ2(91年)
収録ベストアルバムグレイテストヒッツ3(99年)
収録ベストアルバムジュエルズ1(04年)
収録ベストアルバム「ボヘミアンラプソディ」サントラ(18年)
空耳左だね
(Dida Dida Da)


アンダープレッシャーは、「地獄へ道づれ」が、遂に全米1位になってから2年後…
(同タイプの)イントロから反復する印象的なベースラインに乗って、
フレディーマーキュリーの高らかに歌い上げるボイスと、
デビッドボウイの渋みのある声が、デュエットする豪華ソングです。

しかし「アンダープレッシャー」の地獄へ道づれと大きく違う点は、
後半から徐々に盛り上がって行くクイーンらしい(嬉しい)展開です。


Body Language/ボディランゲージ



Body Language/ボディランゲージ(82年)は、
時代を反映してか…シンセベースが、土台となっているファンキーなナンバーです。



ボディ・ランゲージ (2011 Remaster)



皆が描くクイーンの音の世界を見事破壊している曲です。


A Kind of Magic/カインドオブマジック



ジョンと思いきやロジャー作のA Kind of Magic/カインドオブマジック(86年)は、
反復するベースラインが耳に残ります。



カインド・オブ・マジック (2011 Remaster)



映画「ハイランダー」ヴァージョンの「カインドオブマジック」は、
些か陰鬱な雰囲気で、メロウな作りかもしれません。


クイーンのアルバム順番4


The Invisible Man/インビジブルマン



(如何にもバブル期を思い出させる様な)打ち込みの繰り返し繰り返されるフレーズが、
基礎となっているThe Invisible Man/インビジブルマン(89年)ですが…
間奏部分でのブライアンが弾きまくっている点が、今迄と違うナンバーです。



インヴィジブル・マン (2011 Remaster)



クイーンのアルバム…有名ゲストミュージシャンとは



クイーンの発表した多くのアルバムカタログの中で、有名処ミュージシャンのゲスト参加は、
デビッドボウイ以外だと「イニュエンドゥ」(91年)中間部でのスパニッシュギターを弾いた
スティーヴハウ( =イエスのギタリスト)だけです。



イニュエンドウ (2011 Remaster)



デビッドボウイ的には、時系列で見ると…超メガヒットアルバム「レッツダンス」の前年で、
そしてミックジャガーとデュエットしたDancing in the streetのカバーの3年前です。
(YouTubeでも視聴できますが、PVでの2人の動きが、何か面白いです。)

クサい劇的コッテリ路線「ハードロック」バンドとしてデビュー(73年)した筈なのに、
約10年後…世間にダンスミュージックを提供しているなんて、(当時)誰が思ったでしょうか。