今回のモヤモヤさまぁ~ず2「九段下編」(放送日は18年8月26日)は、
黄色いTシャツでお馴染み日テレ「24時間テレビ」の時間帯とバッティングした回で、
意図的に、武道館周辺( =九段下周辺)なのでしょうかw

ナレーションでも「負けない時は 負けません」と言いましたw


オープニングで街紹介のBGM…なぜ選曲がチープトリック?



番組冒頭でナレーターのショウ君が、「九段下」周辺の街並みを紹介した時に…
BGMで使用された曲「サレンダー」(チープトリック/78年)でした。





やはり「大きな玉ねぎの下で」(爆風スランプ/)の歌詞にも出て来るワードですが、
九段下 = 武道館の印象が強いです。

「チープトリック」という名を世に名を知らしめた作品は、
(スタジオアルバムでは無く)チープトリックat武道館/Cheap Trick at Budokan(78年)です。
つまりライブアルバムが、出世作/ブレイクした作品です。



at 武道館



クイーンに続いて、日本初ワールドワイド行きのロックバンドです。

初めて(今は亡き)雑誌「週刊FM」で、グループショットを拝見した時は、
4人とも統一感の無いバラバラのフェイス・服装で、
(KISSとは逆の意味で)インパクトが強くて、脳裏に焼き付いてしまいました。

差し詰めチープトリックとは、ビートルズの要素がたっぷりな“判り易さ”と、
ハードロック的な“激しさ” “荒々しさ”をブレンドしたサウンドを持つバンドでしょうか。


CM明けのBGM…なぜ選曲が大事MANブラザーズバンド?



1回目のCM明けに流れたBGMが、「それが大事」(大事MANブラザーズバンド/91年)でした。

負けない事♪ 投げださない事♪ 逃げ出さない事♪と、
裏番組( =当日は「24時間テレビ」放送日)の「負けないで」(ZARD/93年)に、
対抗するかの如くの選曲ですw



それが大事



個人的に、関口誠人( =元CCBのギター担当)とか、
鈴木平( =元オリックス・ブルーウェーブの投手)の顔を見ると、
「大事MANブラザーズバンド」のボーカル( =立川俊之)を思い出します。


いわま餃子のBGM…なぜ選曲がエイジア?



三村・大竹・福田アナの“モヤっている3人”は、
餃子&カレー&ケバブ屋「いわま餃子 -Exotic Dining」を訪問しました。


母国で、7年間腕相撲チャンプ&元キックボクサーのお店を営むガタイのいいイラン人と、
腕相撲/アームレスリングをする展開となりました。

そしてBGMで使用された曲が、「Gypsy Soul」(エイジア/87年)でした。
もし勝利したら、カレーが無料になるみたいです。



オーバー・ザ・トップ オリジナル・サウンドトラック(期間生産限定盤)



エイジアらしくない寧ろZZトップみたいな楽曲ですが、
声は紛れも無くジョン・ウェットンです。

腕相撲 = 映画「オーバー・ザ・トップ」のサントラのから選曲されると予測できますが…
何故に、同サントラ盤の収録曲である
「Winner Takes It All」(サミーヘイガー)で無いのか不思議に思いましたw





そして腕相撲の対戦中( VS番組D)( VS大竹)(三村 VS 大竹)に、
BGMで使用された曲が、「The Fight」(ジョルジオ・モロダー/87年)でした。
同サントラ盤の収録曲です。





スタローンの対戦相手役のスコット・ノートンが若いです。


昭和歌謡ダイニングバー おまえにチェックイン



三村・大竹・福田アナは、「昭和歌謡ダイニングバー おまえにチェックイン」を訪れました。
因みに、沢田研二の曲名(82年)から取った店名です。

なので紹介VTRの時に…BGMで使用された曲が、
「おまえにチェックイン」(沢田研二/82年)でした。





しかし店の入り口で、三村マサカズは、
「おまえにチェックイン」を口ずさもうとして、フレーズが脱線してしまい
つい「あの娘とスキャンダル」(チェッカーズ/85年)になってしまいましたw





不思議にも「おまえにチェックイン」の店長は、30代男性( =35歳)で、
更に店員が、20代女性( =26歳)にも拘わらず
時代的に、70年代から93年までの歌謡曲/懐メロに限定して、店内に流すバーみたいです。

推測ですが…多分、「J-ポップ」と呼ばれ出す年の93年までに区切ったのかもしれません。


店内には、「コメットさん」でお馴染み大場久美子とか、
ビキニ姿な「プリンプリン物語」の石川ひとみとか、
バリバリ「聖子ちゃんカット」な松田聖子や「狼」だった頃の石野真子の
時代を彩った層々たるアイドル達のアナログレコードのジャケットが飾られています。

当時、「投資ジャーナル事件」発覚まで、
石川ひとみと倉田まり子は、見分けがつきませんでした。





視聴していて、視界に入って来ましたが、
河合その子のシングル「涙の茉莉花LOVE」(85年)のジャケットや
大滝詠一のアルバム「A LONG VACATION」(81年)のジャケットも映りました。


ついでに髪型からして、バブル時代の頃であろうと推測される
レモンを持った井森美幸が、表紙モデルを飾った「ザ・テレビジョン」も映りましたw

隣には、岡田奈々のポスターが貼ってあります。
一瞬にして、タイムスリップしてしまう独特な空間です。


店のカウンターには、クイズ用の早押しボタンの機械があるので、
三村・大竹・(世代じゃないのにw)福田アナは、イントロクイズで競う展開となりました。


出題された曲のイントロ三村大竹福田
め組のひと(83年)××
2億4千万の瞳(84年)××
魅せられて(79年)××
Romanticが止まらない(85年)××
あー夏休み(90年)××
横須賀ストーリー(76年)××
もしもピアノが弾けたなら(81年)××


折角さまぁ~ずなので、同じTUBEでも「あ~夏休み」では無くて、
バカルディから改名後の出囃子である「サマーシティ」(89年)wwwを
出来れば、出題して貰いたかったです。

大竹が、先にボタンを押して正解すると…三村は、ガチで悔しがっていました。


スタジオランドのBGM…なぜ選曲が田原俊彦?



三村・大竹・福田アナの“モヤっている”3人は、
芸能人の宣材写真を撮影する「スタジオランド」を訪れました。

入口の看板には、篠原信一の宣材写真が映っていました。


スタジオに入ると…宣材写真を撮影中という田原俊彦のモノマネ芸人の原俊作が登場しました。

原俊作の髪型は、「爆報!THEフライデー」でレギュラー出演している
オールバックで、額の拡がりが判る最近のトシちゃんな感じです(因みに、芸歴23年みたいです)。

なので、「スタジオランド」の紹介VTRの時に…
BGMで使用された曲「抱きしめてトゥナイト」(88年)でした。



プラチナムベスト 田原俊彦~Myこれ!クション(UHQCD)



プロフィール(トシちゃんのものまね)原俊作とは…
生年月日1972年6月12日
出身地東京都(台東区)
身長177cm
所属事務所サイクルプロモーション


そしてトシちゃん以外の物真似のレパートリーでは、
サングラスを掛けて、車のCMでお馴染み「皆さん お元気ですか~」と台詞を言う井上陽水とか…

真ん中分けのカツラを被って、例の裏返りそうなナルシスティックボイスで、
「Love is...」(97年)を歌う河村隆一wwwを披露しました。



Love is...



田原俊彦の物真似ネタでは、「抱きしめてトゥナイト」の
トレードマークと言っても過言では無いキザな振り付けをしながら
歌い出しの部分で、「悩~み事は 何にも無~い♪」と、
「2億4千万のものまねメドレー選手権」での古賀シュウ的なオチを付けました。

田原俊彦の再ブレイクの「抱きしめてトゥナイト」( =教師びんびん物語)とか、
井上陽水が出演した日産「セフィーロ」の車窓を開けるCMから
今年( =平成30年)で、丁度30年だと思うと…時間の経過を早く感じて、何だか感慨深いです。


スタジオearthのBGM…なぜ選曲が爆風スランプ?



三村・大竹・福田アナは、パーソナルスタジオ「earth」を訪問しました。

トレーナー( =健康革命家)は、頭髪がスキンヘッドなので、
BGMで使用された曲が、「ランナー」(爆風スランプ/88年)でした。

ボーカル「サンプラザ中野」改め「サンプラザ中野くん」(08年~)は、スキンヘッドです。



ハイランダー



因みに、武道館の屋根の中央にくっ付いている
黄金の擬宝珠 =玉ねぎと比喩したのは、「サンプラザ中野くん」です。


アソビcafeのBGM…なぜ選曲がみんなともだち?



三村・大竹・福田アナは、ボードゲームカフェ「アソビcafe」を訪問しました。

意外にも(店長曰く)結構1人客も来店するので、
他の来客とテーブルマッチングして、相席プレーするみたいです。

店長おすすめのカードゲームである「そんな顔して どうしたの?」で、遊ぶ展開となった時に…
BGMで使用された曲が、みんな友達♪ずっとずっと友達♪の歌詞でお馴染みの
「みんなともだち」でしたw



ともだちのともだちのともだち みんなともだち



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■
モヤモヤさまぁ~ず…番組のBGMに使用された曲 一覧(福田典子編)