今回の秘密のケンミンショー(放送日は18年12月13日)は、
「全国激ウマ! ご飯がススム祭り BEST10」というタイトルで、
県別の各土地特有の(珍しい)ご飯のオカズをベスト10形式で紹介して行く内容でした。

第6位は「山賊焼き」(長野県)という食べ物です。


取材先の松本市にある中華屋「百老亭」の厨房にて、
店の主人?が、「山賊焼き」を作っている映像が流れた時に…
BGMで使用された曲が、甘い罠/I Want You To Want Me(チープトリック/77年)でした。

作り方…トリックという事なのでしょうか。
悔しいですが、よく解りませんでした。





歯切れの良く覚えやすいポップソング「甘い罠」は、
チープトリック/Cheap Trickのオリジナルアルバムでは、
In Color/邦題は“蒼ざめたハイウェイ”(発売は77年)に、収録されています。



In Color



個人的に…一番好きなチープトリックのアルバムは、
実は、バステッド/Busted(発売は90年)です。

キラキラした産業ロックテイスト +従来の自分達の要素を融合した様な楽曲群ですが、
捨て曲は、ほぼ有りません。



バステッド



何かの音楽雑誌(忘れた)を立ち読みしたら…
リック・ニールセンと対談したマーティ・フリードマンも
「バステッド」が、フェイバリットみたいです(悲しい事に、リックは作品を否定…)。


しかし次作アルバムは、正式には「Woke up with a Monster」(94年)という題名で、
当時の所属レコード会社の付けた邦題が、何と「蒼い衝動」です。

過去に、蒼ざめたハイウェイ/In Colorというアルバムを出しているので、
何だか2匹目のドジョウ的なネーミングセンスです。



蒼い衝動



前作とサウンド的にも打って変わって、
特にタイトルナンバーは、(時代が時代だけに)ニルヴァーナに触発されたかの様な
グランジ/オルタナティブっぽいテイスト/サウンドの楽曲です。


チープトリックは、映画も大好評なクイーン/Queenに続いて、
所謂“ビッグ イン ジャパン“からワールドワイドへと羽ばたいたバンドです。

ボーカルの(若い頃の)ロビン・ザンダーは、
(若い頃の)ロジャー・テイラーに負けない位の
金髪な(正真正銘の本物の)イケメンだと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■
ケンミンショー(みのもんた登場のレア番組)…洋楽BGMの一覧