モヤモヤさまぁ~ず2の「蒲田」(放送日は18年12月9日)で、
何故に、番組BGMに選曲されたのか…の一覧です。


ケン・ビクトリーのBGM…なぜ選曲がクレイジーケンバンドの曲?



いつものモヤってる3人( =三村・大竹・福田アナ)は、
洋服屋「メンズショップ ケン・ビクトリー」を訪れました。

チョイ悪な40代以上男性を対象としたメンズファッションの店みたいです。

なので紹介VTRが流れた時に…店名に「ケン」とあるからか、
BGMで使用された曲が、「タイガー&ドラゴン」(クレイジーケンバンド/02年)でした。





21世紀から一瞬にして、70年代にタイムスリップした様な
イントロのオルガンサウンドが、そして横山剣のボーカルの後ろで鳴っているフルートが、
昭和のドラマ・映画・歌詞に出て来るヨゴレでやさぐれた大人臭さ感と言うか…
とてもいい味を出していると思います。

和田アキ子テイストなナンバー「タイガー&ドラゴン」は、
クレイジーケンバンド/CKBのオリジナルアルバムだと、
ソウル・パンチ/SOUL PUNCH(05年)に収録されています。


マジシャンのカズさんのBGM…なぜ選曲がビートルズの曲?



三村・大竹・福田アナの“モヤっている”3人は、
過去に2度(12年9/23・14年8/31)登場した素人マジシャンのカズさんを訪問しました。

カズさんは、手品教室を開いているみたいで(月に一回/弟子の数は10人)、
生徒が習っているマジックを披露する展開となり…
BGMで使用された曲が、マジカル ミステリー ツアー(ビートルズ/67年)でした。





初めてマジカル・ミステリー・ツアー/Magical Mystery Tourを聴いたのは、
実は、本家ビートルズでは無く
チープトリックの「グレイテスト・ヒッツ」に収録されているカバーバージョン(91年)でした。

出だしの勢いのあるテンポから転調してスローになって、
(サビ部分の)ロビン・ザンダーの絞り出すボーカルが、物凄く格好良かったです。
同時に、リック・ニールセンのボーカルラインをなぞるギターもカッチョ良かったです。





無論、元祖ビートルズ版のポール・マッカートニーのボーカルも
そしてバックでけたたましく鳴っているトランペットも興奮を駆り立てられます。

しかしチープトリック版の方が、
ビートルズ版よりも何というか…メタルっぽく感じて、親近感が沸きます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■
モヤモヤさまぁ~ず…番組のBGMに使用された曲 一覧(福田典子編)