代打シリーズ最後の回に、満を持して切り札の(初代アシスタントだった)大江麻理子が登場し
モヤさまの10周年記念スペシャル(17年4月放送)以来のオリジナルラインナップが揃った
モヤモヤさまぁ~ず2の「曳舟編」(放送日は19年7月21日)で、選曲されたBGMの一覧です。



モヤモヤさまぁ~ず2 VOL.1 伝説のお正月SP”北特集編” [DVD]



しかし三村・大竹・大江麻理子の布陣の「モヤさま」は、
全編90分間通して、快適に清々しく視聴していられます。
あたかもパンドラの箱を開けてしまったかの様なレベルの安堵感&安定感を感じます。


ギャラリー福河童のBGM…電気グルーヴの曲?



相変わらずモヤってる3人( =三村・大竹・大江アナ)は、
似顔絵を描いて貰えたり、絵画教室を開いたりしている「ギャラリー福河童」を訪れました。


お店のある「下町人情キラキラ橘商店街」 =三村の地元で、
以前はケーキ屋さんだったみたいで、三村の母親も来店していたみたいです。

なので、お店の紹介VTRが流れた時に…
BGMで使用された曲が、「ママケーキ」(電気グルーヴ/96年)でした。
語呂的にジャストで見事な選曲ですw


やはり第1期ラインナップである三村・大竹・大江麻理子の組み合わせは、
ナチュラルでスムーズなので、視聴していて凄く心地良いです。



ORANGE



「モヤさま」は、これでもかと言う位に(例の一件があっても)電グルを推しますw

「ママケーキ」が収録されている電気グルーヴのオリジナルアルバムは、
「オレンジ」(96年)で、シングル曲「誰だ!」も入っています。


江戸木箸 大黒屋のBGM…なぜハウンドドッグの曲?



三村・大竹・大江アナの3人は、「江戸木箸 大黒屋」を訪れました。

なので、お店の紹介VTRが流れた時に…BGMで使用された曲が、「箸」と「橋」を引っ掛けて、
「BRIDGE?あの橋をわたるとき?」(ハウンドドッグ/92年)でしたw



BRIDGE



アサヒスーパードライのCMソングである「BRIDGE?あの橋をわたるとき?」は、
最近、りんごちゃん効果で、代表曲でありながら更に脚光を浴びている
「フォルティシモ」(85年)以来のヒット曲か…

或いは、日テレの特番で「エベレスト」の別名を「チョモランマ」と知ったテーマ曲
「アンビシャス」(88年)以来のヒット曲かもしれません。


石橋貴明もサビ部分の(大友康平の)歌い回しを真似していた記憶がありますw


ターザン後藤&大江麻理子…「いつでも夢を」歌う



唯一の持ち歌「キューティーハニー」(倖田來未/04年)を優しい眼差しで熱唱した
モヤモヤさまぁ~ず2「押上~スカイツリー周辺編」(放送日は15年6月28日)以来、
まさかのターザン後藤(全日~FMW)が、再び登場ですw

三村・大竹・大江アナの3人は、「スーパーFMW カラオケスナック茜」を訪れました。


そして大江アナとターザン後藤の異色のデュエットで、
「いつでも夢を」(橋幸夫&吉永小百合/62年)を歌う展開となりましたw

日曜日のゴールデンタイムとは、とても考えられない
水と油、ホイップクリームとチリペッパー、北極と南極位の差がある異色の組合せです。



いつでも夢を (MEG-CD)



大江麻理子が歌った瞬間に、“モヤモヤPOINT”として、
「不安定な歌声」「安定の不安定」とテロップが出ましたw

個人的にもThis is 大江麻理子を再認識した瞬間でした。
美貌の持ち主による…よろけそうな歌声が、可愛いのであります。


団塊ジュニアな自分が、「いつでも夢を」を初めて知った切っ掛けは、
折しも「漫才ブーム」(80年頃)の最中、ぼんちおさむの物真似を通じてで、
その後、橋幸夫自身が出演した「サッポロ一番」のCM(81年)です。


【ターザン後藤…何故か押上のラーメン屋で修業中】

ターザン後藤の怒涛のメディア露出です。
少し前の「新婚さんいらっしゃい」(放送日は17年7月)に続いて、
今度は、「爆報!THEフライデー」(放送日は17年10月13日)に登場です。


ターザン後藤の今の奥さん( =2番目の奥さん)は、
ワンタン麺が看板メニューの「太楼ラーメン」(押上)の店主です。

今から5年前(12年)…当初、ターザンは客として来て、
今の奥さんに一目惚れしてしまったみたいです(ワイプ内の吉田明世アナもニッコリです)。

で通い詰めた挙句…誕生日が一緒だった事実に運命を感じたみたいで、
交際期間3年を経て結婚します。


そして以前「モヤさま」(押上~スカイツリー周辺編)で紹介された
「スーパーFMW カラオケスナック茜」を経営する傍らだと思いますが…


何故かターザン後藤は、「太楼ラーメン」でラーメン修行している映像が紹介されます。
慣れない感じで、湯切りをしています。

番組を視聴していて、理由は判明しませんでした。

つまり「全日」時代含めて、人生で2度目の武者修行です。
再現VTRも本人自ら演じているのが面白いです。


因みに…最初の奥さんは、デスピナ後藤です。
何時の間にか、知らない内に離婚していました。

個人的に、高校時代の愛読書「週プロ」にも載っていた記憶を思い出して、
一瞬にして、バブル期にタイムスリップしてしまいます。


ターザン後藤よりも後から全日に入門した川田利明(82年~)は、
「麺ジャラスK」(喜多見)を10年から営んでいるので、
ラーメンの分野では、キャリア的に先輩となります。


【プロレスラー ターザン後藤とは…】

●本名 後藤政二
●生年月日 1963年8月16日
●出身地 静岡県(島田市)
●身長 178cm
●体重 150kg
●デビュー 81年~

自ずと全日系レスラーのセカンドキャリア…ラーメン対決ということでしょうか。



大江麻理子が「We will rock you」熱唱か



終盤で、久々に「とれ高サイコロ」を振って、最初に出た目が、
「ひょんな事から口論になるが、最後はWe will rock youを仲良く熱唱してしまう体で」でしたw


もはや三村・大竹・大江アナの3人は、バンド名を出さなくても
曲名を認識している状態が、クイーンの国内における浸透度を物語っていると思います。

長年に渡る様々なCMソングでの起用や甲子園での吹奏楽部の演奏とか、
映画「ボヘミアンラプソディー」の驚異的成功等で、世代を超えて知られているアンセムです。





大竹が、サイコロを振った三村に対し「何でこれ( =出目)出したの?」という台詞から
3人による即興での三文芝居的な口論となり…

強引で唐突なタイミングで「ウィーウィル・ウィーウィル・ロッキュー♪」とやり出したからか、
3人供、姿勢が崩れた体勢での手拍子・足踏みで、尚且つ掛け声もバラバラなので、
テロップで、「グダグダ。」と“モヤモヤPOINT”が出ました。
しかし噛み合っていない大江麻理子の「We will~♪」歌声が、実に可愛いです。

終いには、「コラw!できてねぇじゃねぇかw!」と三村ツッコミが入りました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■
モヤモヤさまぁ~ず…番組のBGMに使用された曲 一覧(福田典子編)