何故か不思議な事に、色々と外国人ミュージシャンが登場する
日テレ情報番組「スッキリ」の初代オープニングの曲は、やはり洋楽ナンバーの
お気に召すまま/Anyway you want it(ジャーニー/80年)が使用されています。

朝の時間帯に相応しいスティーブ・ペリーの突き抜ける透明感の溢れた爽やかな歌い出しと、
(司会を務める)顔面も声も二日酔いキャラな加藤浩次とのギャップで、謎な選曲を感じますw





邦題「お気に召すまま」である「Anyway you want it」は、
初代キーボーディストのグレッグ・ローリーが在籍した時期の
雲一つ無い澄み渡る青空・限りなく続くフリーウェイの世界を想起させる
凄くアメリカンなドライブ感を持った楽曲だと思います。

ジャーニーのオリジナルアルバムだと、ディパーチャー/Departure(80年)に収録されています。





しかし個人的には…
2代目キーボーディストのジョナサン・ケイン加入後のジャーニーが好きです(81年~現在)。
やはり楽曲が垢抜けて、ピカピカに磨き上げられたサウンドへとレベルUpしたと思います。
バンドのキャリアを振り返って…ジョナサン・ケインは、救世主かもしれません。

何と言ってもTBS中継時の「プレミア12」「WBC」では、
“米産業ロック”の雛形・テンプレ・最終形態・完成形でありながらバンドの必殺ナンバー
セパレイト・ウェイズ/Separate Ways Worlds Apart(81年)が使用されています。





楽曲クレジットには、(ペリーと供に)ジョナサン・ケインが、名を連ねています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■