カントリー風アコギナンバーである39は、4枚目のアルバムである
A Night at the Opera/オペラ座の夜の(CDだと)5曲目に収録されています。


改めて「オペラ座の夜」は、様々なタイプの楽曲が収められている
バラエティに富んだ山あり谷ありのアルバムで、
合間を縫って目まぐるしく綺麗な水流が、流麗に流れて行く様な作品です。

なので、優しいアコースティックギターサウンドが奏でる「39」は、
アルバムのラスボス「ボヘミアン・ラプソディ」を始め大ボス「預言者の唄」や
ハードロック曲「スイートレディー」「I'm in Love With My Car」とか、
ポップな「マイ・ベスト・フレンド」等、他のナンバーを凄く引き立てていると思います。




NHK「ソングス」(18年11月17日放送)のクイーン特集で、
小田急線車内ビジョン広告「ニクイねぇ!三菱」の台詞で、個人的に頻繁に拝見する
杏が、(クイーンを聴く芸能人の1人として)コメントしました。


【クイーン大好き著名人が選ぶ おすすめの1曲 …杏のセレクションとは】

えっと親が、もうクイーン世代だったので、
あ~の子供の頃から、ずぅ~っと聴いていて、家にも全部レコードが、揃ってたので、

あの~自分で、中学時代に聴く様になってからは、あの~「39」っていう曲が、
凄くそのアコースティックギターが、いっぱい入ってたりとか…

で、中学校の美術の時間に、自分の好きな曲をテーマに、絵を描く様にっていう風に…
私は、あの「海と地球儀」の絵を描いて、
これは「39」で描きましたという風に、提出したのが想い出です。

(「39」は)カントリー調ではあるんですけれども でも歌詞の内容は、
何かちょっと…時空を越えているメッセージだったりするのか…とか、
深くて考えさせられる 何かメッセージが込めらえている様な気がして…


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■


タグ