モヤさまでの三村・大竹とのやり取りが、物凄くいい味を出している
女神?美神?聖母?菩薩?大江麻理子( =テレ東アナウンサー)の
「好きな女子アナ」ランキングの今までの順位の推移です。

やはりモヤモヤさまぁ~ず2の影響力が導いた結果と言っても過言では無いです。
番組の存在が強大であるという証明でしょうか。


そもそも最強女子アナ大江麻理子とは(年齢・身長・大学)



プロフィール大江麻理子とは…
生年月日1978年10月21日
出身地福岡県(豊前市)
身長162㎝
学歴フェリス女学院大学
「テレ東」入社年01年~


大江麻理子を初めて拝見した瞬間…
余りにも素敵な美人さんで、秒殺で、いや瞬殺で釘付けになりました。
そして可愛い + 品格を感じました。

しかも初めて拝見した番組が、
奇しくも「ド短期ツメコミ教育!豪腕!コーチング!!」(カラオケ上達コーチング)です。
伝説のカラオケボイスを聴いてしまいました…

時系列的には…「モヤさま」放送開始以降の後追いで、麗しい存在を知った事になります。


大江麻理子…好きな女子アナランキングの推移(オリコン編)



オリコン版「好きな女子アナランキング」の発表される時期が、毎年12月の頭なので、
全日本プロレスの「世界最強タッグ」の優勝決定戦みたいなものでしょうか。


開催年ランキング
第15回大会( =18年)第6位
第14回大会( =17年)第5位
第13回大会( =16年)第5位
第12回大会( =15年)第10位
第11回大会( =14年)第4位
第10回大会( =13年)第3位
第9回大会( =12年)第2位
第8回大会( =11年)第4位
第7回大会( =10年)第5位
第6回大会( =9年)トップ10圏外


テレ東は他の4大キー局と比べて、ネット数的に圧倒的不利なのにも拘わらず
大江麻理子 =毎年トップ10(というかトップ5の)常連の女子アナという事実は、
(個人的な独断的な見解で)実質1位みたいなものと見なしてもいいでしょう。


開催年女性別ランキング男性別ランキング
第15回( =18年)?位?位
第14回( =17年)?位?位
第13回( =16年)7位6位
第12回( =15年) - 位 - 位
第11回( =14年)?位?位
第10回( =13年)3位2位
第9回( =12年)2位2位
第8回( =11年) - 位2位
第7回( =10年)3位5位
第6回( =09年) - 位 - 位


大江麻理子は、男性層の人気のみに偏っていることが無くて、
女性層( =同性)からの人気も高い事実が伺えます。

性別問わず人気があるグレイトな女子アナということでしょう。


開催年10代20代30代40代50代
第15回( =18年)圏外圏外第2位圏外圏外
第14回( =17年)圏外圏外第4位第4位第5位
第8回( =11年)圏外圏外 第3位 第2位
第7回( =10年)圏外圏外 第3位 第5位


大江麻理子…「モヤさま2」に関するインタビュー(R25より)



「R25」の「シゴトーク」での
大江麻理子の「モヤさま2」に関するインタビューの内容です。
個人的に、興味深い部分を抜粋してみました。


【モヤモヤさまぁ~ず2に関しては…】

以前は場を仕切ることばかり考えていたんですけど、
それを越えてくるお二人(さまぁ~ず)なので、
自由にやってもらう為の最低限の環境を作ることが、私の役目だと思っています。

【仕事に関しては…】

よく仕事とプライベートは別だという人が多いと思うんですけど、
実は仕事って「自分の生活そのもの」じゃないかなって感じています。

例えば仕事好きの人は、24時間仕事の事を考えていて、
御飯を食べる事でもアイデアに繋がったりするんですよね。
そういうアンテナを張り巡らせると境が無くなると思うんです。

【アナウンサーを志すきっかけは…】

大学2年生の夏に、中国に短期研修に行っていた事があって、
その時に「ある事件」が起こったんです。

日本では沢山報道されていたけれど、中国では大して報道されていない。
「それって何でだろう?」っていうのが、マスコミに興味を持った切っ掛けでしたね。

【結婚に関しては…】
結婚したいな…と思ったことがないんです。

【男性に求めるものは…】

そんな私に寛容であって欲しいということです。
お互いにやりたい事を追求して、
お互いに一息ついた時に、オアシスみたいな存在になりあえればいいなと。ニャハ(笑)


インタビュー内容を全部通して読むと…
仕事に対し真摯に受け止めていて、更に謙虚な部分と思慮深い面が伺えます。
自分というのが確立されていて、ブレないんだと思います。

画像は、相変わらずトリプルAクラス(いやSクラス?トリプルSか?)で可愛いです。
ちなみに服もカワイイです。

ただ現在のレギュラー番組の出演本数から考えて、
1週間の生活サイクルにおいて、ちゃんと睡眠時間は確保できて、
熟睡できているのか…(我ながら勝手に)心配になる時があります。


大江麻理子…衝撃の「モヤモヤさまぁ~ず2」降板(2007年 ⇒2013年)



大江麻理子が、13年4月1日付でニューヨークへ転勤みたいです。
テレビ東京が、NYに支局があるのを初めて知りましたが、まさか突然海外に赴任するなんて、
個人的には、茫然自失というか…晴天の霹靂な気分です。

13年上半期時点での衝撃的な出来事の1つとなってしまいました。

レギュラー番組の「モヤモヤさま~ず2」「アド街ック天国」は、
週末の安らぎタイムというか、くつろげる時間でしたので、
2番組同時降板という形になってしまうのが非常に悲しいです。

ブラウン管に登場するのが、コンスタントで常に当たり前であると思っていたので、
頭の中では整理できていない状態です。


各雑誌媒体の「女子アナ ランキング」で、いよいよ1位目前で、
頂点に昇り詰める直前でしたので残念です。
何か…「大江麻理子」と「ニューヨーク」が結びつきません。

「モヤさま」史上で、最もモヤモヤする出来事は、大江麻理子の降板かもしれません。
て言うか「モヤモヤ」以上に…目の前や頭の中が、ダークな闇に覆われそうです。