吉本興業の漫才コンビ「ミルクボーイ」(駒場 =オカンが言うには/内海 =角刈り)は、
令和初の「M-1グランプリ」優勝者(19年)となり、
一夜にして、サンドウィッチマン以来のシンデレラボーイとなりました。

You Tubeで、「M-1」で披露した「コーンフレーク」「最中」以外のネタをチェックしようと、
吉本所有の劇場(?)でミルクボーイが、漫才を披露する動画を幾つか拝見しました。

流れている出囃子が、(遠い記憶の彼方)何処かで聴いた事がある曲だなぁと思ったら…
スーファミ用のゲーム「スーパードンキーコング」のBGM「バナナジャングル」(94年)です。
如何にもドンキーコングの世界観って感じの歯切れいい弾むトライバルなリズムに、
ジャジーでお洒落なフレーズが乗っかっていて、非常に印象に残るサウンドだと思います。




ミルクボーイ両者の生まれが、駒場( =86年2月)・内海( =85年12月)なので、
世代的にも丁度、リアルで引っ掛かっているタイミングなのでしょう。

個人的には…「スーパードンキーコング」は、上手にプレイ出来なかったので、
ファミコンの「スーパーマリオ」程は、のめり込めませんでした。

同じ任天堂のゲームウォッチ・マルチスクリーン「ドンキーコング」や
ファミコン「ドンキーコング」「ジュニア」「3」は、夢中にプレイしたましたが…


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■