ハーレム状態野郎の噴上裕也のスタンド…法定速度レベルの時速60kmで、
鋭い嗅覚を頼りに、執拗なまでにターゲットとなる人間を追求し養分を吸い取る能力の
「ハイウェイスター」の元ネタ =Deep Purple/ディープパープルの代表曲の1つです。



[まとめ買い] ジョジョの奇妙な冒険 第4部 モノクロ版(ジャンプコミックスDIGITAL)



ハイウェイスター( =噴上裕也のスタンド名)
ジャンルハードロック
フォーメーション5人編成
イギリス
デビュー1968年


ディープパープル第2期ラインナップ( =黄金メンバー)時の楽曲
Highway Star/ハイウェイスターは、もし運転中のBGMで流したら
即ハイボルテージとなり、ついつい前の車を追い越したくなる位に、
凄く気持ちが高揚してしまう疾走ナンバーかもしれません。

気持ちのいい金切り声に加えて、スピーディーなテンポに乗って、
1回目の間奏 =ハモンドオルガンそして2回目の間奏 =ギターソロと、
盛り沢山な内容で、しかもクラシカルで流麗な耳に残る印象的なフレーズだと思います。
なので日本人の場合、ブルージー色濃いツェッペリンよりも馴染み易いかもしれません。



Machine Head



「ハイウェイスター」の収録されているディープパープルのオリジナルアルバムは、
バンドのキャリアの上で、傑作でマストアイテムなMachine Head/マシンヘッド(72年)で、
代表曲として「ハイウェイスター」と双璧な(ギタリスト入門用として超有名リフの)
Smoke on the Water/スモーク オン ザウォーターも入っています。

ジャッ ジャッ ジャー♪ジャッ ジャッ ジャ ジャー♪ジャッ ジャッ ジャー♪ジャッ ジャー♪





同様に疾走感を感じたかったら第3期ラインナップの顔と呼べるべき曲
イントロからガツンと心を鷲掴みにされるであろう
Burn/邦題:紫の炎(74年)を聴いてみれば如何かと思います。

余談ですが…かつて伊集院光や新山千春もレギュラー出演していた
毎日放送「ジャングルTV 〜タモリの法則〜」(94~02年)のオープニング曲でした。

それから「タマホーム」CMでも使用されていましたが、
歌ってたのは、デビッドカバーディール( =第3期のボーカル)では無く
近年、「Winery Dogs」で成功しているリッチーコッツェンです。





ディープパープルのCM使用曲と言えば…
缶コーヒー「UCCブラック 無糖」のCMソングとして、物凄く有名な
印象的なリフを持つBlack Night/ブラックナイト(70年)があります。

各オリジナルアルバムには、未収録のナンバーですが、
代名詞「ハイウェイスター」「スモーク オン ザウォーター」よりも
「ブラックナイト」を耳にした人の方が、実は多いかもしれません(日本に限り)。