テーマ曲-スポーツ番組のカテゴリ記事一覧

プリプリマンは、「7人の悪魔超人」初登場時にセンターの位置にいた幻の悪魔超人です。団塊ジュニア/第2次ベビーブーマー男子における知名度は絶大な超人です。それはさて置いてクイーンの各オリジナルアルバム/各ベストアルバムの収録曲/名曲を初めてアマゾン/Amazonのストリーミング・MP3で視聴したり…購入したり…「ジョジョの奇妙な冒険」各スタンド名となっている元ネタの洋楽バンド名・曲名とは

カテゴリ:テーマ曲-スポーツ番組

真壁刀義の入場曲…ブロディと同じ洋楽ナンバー【MP3か】

「新日本プロレス」の生え抜きレスラー「スイーツ真壁」こと真壁刀義の入場曲は、
IMMIGRANT SONG/移民の歌(レッドツェッペリン/70年)で、
かつて“キングコング”ブルーザー・ブロディの入場曲でもありました。

真壁刀義( =真壁伸也)は、首に鎖(勝俣州和曰くプラスティック製?)を
巻いているスタイルで、「キングコング・ニードロップ」を必殺技にしているので、
ブロディの継承者もしくは和製ブロディということでしょうか。

IMMIGRANT SONG/邦題:移民の歌は、
レッドツェッペリンのオリジナルアルバムだと所謂「3」に収録されています。




ミル・マスカラスの入場曲「スカイハイ」(ジグソー)や
A・ブッチャーの入場曲「吹けよ風、呼べよ嵐」(ピンクフロイド)と共に、
洋楽ロックへと、未来永劫ドップリと浸かる切っ掛けとなった曲です。

個人的に…ちゃんと購入して「移民の歌」を聴いたアルバムは、
「リマスターズ」(90年)の2枚組版でした。


90年代の「新日本プロレス」のパンフレットに載っていた
グリーンボーイな真壁伸也時代の写真が、今となっては懐かしいです(ついでに吉江豊も)。

まさか(金髪含め)現在の外見・キャラになるとは思いませんでしたし
レスラーと真逆なイメージのスイーツと言う分野で、
お茶の間( =バラエティー番組)に浸透するとは、予想できませんでした。

真壁刀義は、昔よりもスイーツを賞味してからのコメントが、
成長して段々上手くなって来ていて、即効で語彙・フレーズが出て来るので驚きですw

やっぱり格闘家だけあって、耳がギョーザでした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■


【最凶レスラー】アンドレザジャイアントパンダの入場曲(MP3か)

日本のプロレスの歴史上、最凶レスラーと言っても過言では無い
アンドレザジャイアントパンダの入場曲も
アンドレザジャイアント( =モンスターロシモフ)と同じ「ジャイアントプレス」です。

不気味な楽曲とパンダの愛嬌との落差が、物凄く可笑しいです。




動物のパンダさん系のプロレスラーと言えば…90年代なら「パンディータ」を思い出しますが、
やはりリング上でファイトしていても(容姿からか)不思議と何だか和みます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■


さんまのベイビーシャーク=パーラー登場曲【TikTok人気】

「27時間テレビ」(19年11月2日放送)内の「お笑い向上委員会」で、
(元「阪神タイガース」横手投げ投手の小林繁に扮するw)明石家さんまが、
スポーツ全般(大きな国際大会とか)をテレビ観戦する時間が大好きなだけあって、
MLB「ワールドシリーズ」(ナショナルズVSアストロズ/10・22~30日)も見てたみたいです。

明石家さんまは、試合中にBGMで流れる
子供ボーカルの「ベイビー♪シャットゥットゥルールールーベイビー♪」という曲に合わせ
ナショナルズのファン一同が、(顔の前辺りに)真っ直ぐ伸ばした両腕をサメの口に見立て、
拍手っぽく上下バクバク動かす行為( =シャークダンス)の映像が印象に残ったみたいです。

「お笑い向上委員会」放送中…さんまは、何度も何度もリピートしていましたが、
雛壇の後輩芸人達は、どうやら誰もMLBに興味が無いみたいでポカーン状態でした。




元々は、ジェラルド・パーラー( =ナショナルズ)の打席登場曲である
ベイビーシャーク/Baby Shark(邦題:サメの家族)というナンバーで、
選曲した切っ掛けは、娘(当時は2歳)が大好きだから…という親バカな理由みたいです。
何時しか自身のチーム&ファンへと拡大して行ったみたいです。

原曲は、欧米の童謡みたいで、どうりでキャッチーなメロディーに乗せて、
あどけない声で子供が歌うパターンなのか納得しました。

余談ですが…「TikTok」でも人気のある曲みたいです。




パーラーの所属球団「ワシントンナショナルズ」( =WSH/Nats)は、
ナリーグ「東地区」の第4位( =19年5月下旬時点)の言わばブービー賞の位置だったのが、
長嶋監督の“メイクミラクル”宜しくあれよあれよと第2位(貯金は24)となり、
晴れて一発勝負の「ワイルドカードゲーム」へ進出します。

ワイルドカードゲーム(8回に逆転し1点差で勝利) ⇒地区シリーズ(3W-2L/最終戦で決める)
⇒リーグ決定戦(4W-0L/4タテ)⇒ワールドシリーズ(4W-3L/最終戦で決める)
という
長嶋監督“メイクドラマ”宜しく(星取でも首の皮1枚繋がる展開の)下剋上を成し遂げ
ポストシーズン/プレーオフもあれよあれよと勝ち抜き世界一になってしまいます。

ビッグウェーブに乗ったワイルドカード獲得チームの恐ろしさを
まざまざと見せ付けられたシーズンでした。

パーラーは、世界一の球団となったナショナルズ(移籍は2019年5月~)の控え選手として、
89試合で、本塁打(8本)安打(47本)打率(250)打点(42)の成績を残しています。

更に驚くのは、助っ人新外国人として巨人でプレーをする事となります(2020年/1年契約)。
日本のマスメディアは、見出しで早速「サメ男」と形容しています。
読売ジャイアンツの一員となっても「ベイビーシャーク」を使用するのでしょうか…




【クイーンのドンドンパン】We Will Rock You…TikTokで人気の曲
TikTok「To be continued」…BGMで流れる曲が判明

大谷翔平の登場曲(2018年)…Olly Murs「Wrapped Up」
大谷翔平の登板曲(2018年)…「Do Or Die」(Remix)
TBS「WBC」「プレミア12」…曲はジャーニー「セパレートウェイズ」

タグ

モンストの猪木…やはりBGMは皆さん御馴染みの曲ダーァァァッ

「モンスト」こと「モンスターストライク」のCM(燃えるモンストの日編)に、
何と(赤タオル+背広姿の議員バージョン)アントニオ猪木が、登場していましたw

皆さん御存知御馴染み(鉄板と言えば鉄板ですが…)猪木の入場テーマ曲をBGMに、
「いくぞ! 10!20!30! モンストの日 ダァー!」という
セルフパロディ的な台詞を自ら叫んでいます(19年6月OA)。

そして「いいことだらけの卍固め 毎月10日20日30日 モンストの日」、
更に「アントニオ猪木もらえる」と画面にテロップが出ます。




長嶋茂雄・王貞治・G馬場と同様に、
昭和時代の象徴(議員時代含めたら平成時代も)とも言えるアントニオ猪木が、
令和元年に、(世代的にも無縁だろう)スマホゲームのCMに出演する(起用する)事態が…
ある意味、時代を超越しているかもしれませんw

“老若男女問わず”という言葉が、まさに当て嵌まる存在だと思います。


で、CM「燃えるモンストの日編」で、BGMで流れてる(世代問わず多くの国民が耳にしてる)
けたたましいホーンセクションの鳴り響くサウンドが、途轍も無く印象的な猪木の入場曲は、
「炎のファイター ~INOKI BOM-BA-YE」(A猪木とザ・ファイターズ/77年)というタイトルです。

ガチでリアルに、一気にボルテージを急上昇させる効力を持つ楽曲です(日本人ならば特に)。

B面には、インストである「炎のファイター」をボサノバ風にアレンジし
なかにし礼の日本語詞を注入し(当時は夫人の)倍賞美津子が歌った「いつも一緒に」です。
ある意味、(散々「炎のファイター」に馴染んだ後だと)破壊力があります。




個人的には、イノキボンバイエ ファイナルミックス/INOKI BOM-BA-YE FINAL MIXという
ディスコとかユーロビート風にリミックスされた企画物CDを所有してました(94年頃購入)。


動画( =You Tube)で視聴できますが、「猪木モノマネ芸人」の第一人者である
「春一番の炎のファイター INOKI BOM-BA-YE Haruichiban-Remix-」も
松村邦洋のビートたけし並みのハイクォリティで、(笑いを凌駕する程)感心してしまいますw




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■


引退したブッチャー入場曲…「吹けよ風 呼べよ嵐」(MP3か)

NHK「ニュースウオッチ9」(19年2月19日放送)で、
アブドーラ・ザ・ブッチャーの引退セレモニーが、取り上げられていて意外でした。

引退セレモニーは、「両国国技館」で開かれた
「ジャイアント馬場没20年追善興行 ~王者の魂~」内で、行われたみたいです。

年齢76歳!(しかも当日に試合で飛翔した)のミル・マスカラスや
まさかの(ブッチャー同じく)スキン頭になってしまった武藤敬司や
かつて( =当時77年)、兄弟して滅多打ちの目にあったドリーファンクJRと、
一緒に収まっている写真が映り(視聴していて)何だか嬉しい微笑ましい気分になります。


G馬場も天に召されてから20年の月日が過ぎてしまいました。
衝撃の余り、当日の「東スポ」を即効で購入した当時を思い出します(外は暗く寒い日でした)。

公称年齢が78歳みたいですが、ブッチャー・高木ブー・小林亜星は、太っていても長生きです。
(加えて富永一郎も健在と知って驚きです。)
インタビューに答えるブッチャーの顔は、色艶が良いと思いました。

頭部の4本ぐらい刻まれている(というか凹んでいる)割れ目も
改めてテレビ画面を凝視すると、生々しさ +痛々しさが凄くダイレクトで伝わって来ます。


BGMでも流れていましたが、ブッチャーの入場曲/テーマ曲は、
One of These Days/邦題:吹けよ風、呼べよ嵐(ピンク・フロイド/71年)です。
原題に対しての邦題の辻褄が、今でも解りません。




ピンクフロイド脱退後、ソロ活動になった現在でも
コンサートツアーでの年間興行収入が、トップ10~20位以内にランクインしてしまう
ロジャー・ウォーターズのベース音が、超絶不気味&カッコいいです。
(そしてリック・ライトのオルガンも不気味です。)

90年代に、日テレの番組「ウリナリ」「生ダラ」(どちらか忘れた)で、
プヲタである勝俣州和が、ピアノに座って出鱈目の和音で、
ブッチャーの入場曲とか言って、適当に弾いていたのを思い出しました。

ミル・マスカラスの入場曲/テーマ曲「スカイハイ」(ジグソー/77年)と同様に、
自身への洋楽への扉を開いてくれた貴重な楽曲です。




丁度、真裏の時間帯で「バラいろダンディ」のコメンテーターをやっている
玉袋筋太郎( =品性高潔なNHKでは“玉ちゃん”名義)が、インタビューに応えてました。


【玉袋筋太郎のブッチャーに関するインタビュー ※一部を抜粋して文字起こし】

兎に角、凶器攻撃ですよね。
そして相手を血まみれにして、血まみれにしてるんスけど、
最終的には、自分が血まみれになってるっていう…

ブッチャーがね あの白いパンツから出したのが、フォークですからね。
フォークですよ。

ああいうね 何か普通じゃ学んじゃいけないテーブルマナーを学んだっていうか…


あの頃のプロレスの要するに、まぁ 勧善懲悪なんだけど 悪に憧れてる部分もあるんスよ。
自分の代わりを 悪の限りを 尽くしてくれる のが、ヒールですよね。

満員のね 体育館の中を こうワーッつったら人がね バーッと逃げる様な…
ま、そうだ! だから なまはげと一緒だ! なまはげ!


ブッチャー先生から 我々が習った うん 勉強した事っつーの?
やっぱ「清濁を合わせ飲む」事を教えてくれた外国の先生ですよ。

悪役に徹してるって所の背中とか、あーゆう 本当は裏で泣いてんじゃねーかな?とか、
う~ん そう言った物を見せてくれるじゃないですか。「わびさび」みたいな。

「水清ければ 魚住まず」じゃないけど、
やっぱり、ちょっと こう…「濁り」とか「澱み」っていう所を
合わせてくれた感じだと思うんですよ。

ブッチャーさんが、混ぜてくれたって言うか、あの血液と一緒に う~ん。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■


出川が色紙に書いた言葉とは(アメトーーク 大谷翔平芸人)

「アメトーーク」(18年4月19日放送)の「大谷翔平スゴイぞ芸人 緊急!振り返りSP」は、
過去2回の「大谷翔平芸人」の放送(14年・17年)に、
最近のエンジェルスでプレーしている大谷の映像を加えた内容でした。

因みに登場する大谷翔平芸人 = 渡部建・長嶋三奈・岡田圭右です。




そして「気付け! 大谷翔平スゴイんだぞ芸人」(14年)の回で、テレ朝スタッフが足を運んで、
直に大谷翔平へ(出演者が寄せ書きをした)色紙をプレゼントしたVTRが流れました。


【色紙に寄せ書きした「大谷翔平芸人」のメンツ(時計回りに…)】


●藤田憲右(トータルテンボス)
●松尾陽介(ザブングル)
●渡部建(アンジャッシュ)
●とにかく明るい安村
●伊達みきお(サンドウィッチマン
●蛍原徹(雨上がり決死隊)
出川哲朗
●博多華丸(華丸大吉)


大谷翔平は、出川哲朗の書いたメッセージが、
最も(意外にも真面目な内容というギャップからか…)心を打たれたみたいです。

やはり(オンエアではスワローズのユニフォーム姿だった)出川哲朗は、何か「持って」います。


【出川哲朗の大谷翔平へ書いたメッセージ(言葉)とは…】


人は初めての事をすると 非難される
だからこそ 続けて下さい!

出川 哲朗



出川は、看板番組wの出川哲朗の充電させてもらえませんか?でも
行く先々の町の人々・お店の従業員に対しサインを書く時と同様、
(やはり大谷へのメッセージの筆跡も)一字一句、丁寧だと思いました。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■
大谷翔平(エンジェルス)…登板時の曲は「Do Or Die」(Remix)
大谷翔平(エンジェルス)…登場曲はOlly Mursの「Wrapped Up」
【本塁打は何本?】ボーア…エンゼルス時代&阪神での成績とは
さんまのベイビーシャーク=パーラー登場曲【TikTok人気】

大谷翔平の登場曲(2018年)…Olly Murs「Wrapped Up」

大谷翔平は、エンジェルスの赤いユニフォーム(背番号17)を装着しました(2018年~)。
今まで着てた「日ハム」「侍ジャパン」のユニフォームよりレッドカラーが似合います。

引き続きと言うか…御存知エンゼルスでも「二刀流」なので、
マウンドへ登板する時のDo Or Die(Remix)の他に、バッターボックスに登場する時に、
「Wrapped Up」(Olly Murs ft.Travie McCoy/14年)という軽快なナンバーが流れます。
つまり使用曲も2通りとなります。





そしてメジャーリーグ=晴れの大舞台に立って、身長193cmから繰り出されるスイングで、
(過去の日本人バッターとは比較にならない程の)閃光の様な打球を
夏の夜空に似合うドデカい打ち上げ花火の如くブッ放します。

例えば、宇宙戦艦ヤマトの「3連装ショックカノン砲」の如く
或いは、ガンダムの「メガ粒子砲」の如く放ちます。

しかしゴルフスイングに近い様なスイングで、汗臭さ、泥臭さ、闘志剥き出しを見せない
流麗な品のあるスマートなバッティングなので、
先程までリアルタイム( =NHK BS)で、視聴していたにも拘わらず
毎試合後…誰かしらYouTubeにアップした動画をリピートで視聴してしまいます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■
大谷翔平(エンジェルス)…登板時の曲は「Do Or Die」(Remix)

大谷翔平の登板曲(2018年)…「Do Or Die」(Remix)

大谷翔平( =エンゼルス)が、ピッチャーとしてマウンドへ登板する時に(2018年~)、
流れるテーマ曲は「Do Or Die」(Remix)で、「Thirty Seconds to Mars」というバンドの曲を
「Afrojack」というDJが、リミックスを手掛けたヴァージョンを使用してるみたいです。





実際にYou Tubeを視聴してみて、「Thirty Seconds to Mars」のボーカルの歌唱とか抑揚が、
何と無くボノ( =U2のボーカル)みたいな印象を受けました。

所謂「ロキノン」系方面でしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■
大谷翔平の登場曲(2018年)…Olly Murs「Wrapped Up」

TBS「WBC」「プレミア12」…曲はジャーニー「セパレートウェイズ」

TBSの場合は、第1回「WBC」(06年)から第4回「WBC」(17年)まで、
一環としてブレずセパレイトウェイズを使い続けています。

TBSで中継する「アジアプロ野球チャンピオンシップ」での
「稲葉ジャパン」こと日本 VS 韓国(17年11月16日)のテーマ曲は、
やはり「WBC」( =ワールドベースボールクラシック)や「プレミア12」でお馴染みの
Separate Ways(Worlds Apart)/セパレートウェイズ(ジャーニー/83年)でした。



Separate Ways (Worlds Apart)



イントロのキーボードが流れた瞬間…緊迫感&ボルテージが高まります(歌詞は、さて置きw)。
そしてCMに入る前のジングルとして、曲のエンディング部分の
スティーブペリーの研ぎ澄まされてエッヂの効いたシャープな熱い叫びを幾度となく耳にします。

現在のジャーニーのラインナップ(17年時点)は、
Drがディーンカストロノヴォからスティーブスミスにチェンジ(出戻り)して、
スティーブペリー以外の黄金期のメンバー5分の4が揃っています。



グレイテスト・ヒッツ



余談ですが…10年振りに再結成(96年)して、「セパレートウェイズ」の2番煎じっぽい
しかしカッチョイイナンバーである「Message of Love」を放ちます。
間奏で、敢えて「Separate Ways」のイントロっぽいキーボードフレーズが登場するので、
遊び心なのか…聴き手としては、ニヤリとさせられます。

なので「WBC」「プレミア12」で、今までジャーニーの存在は知らなかったけれど、
TBSの中継で「Separate Ways」に興味を持った方には、
焼き直しっぽいけど疾走感のある楽曲「Message of Love」との聴き比べを推奨します。



Message of Love



稲葉篤紀監督率いる新生「侍ジャパン」の「アジアプロ野球チャンピオンシップ」の
対韓国戦の結果は、8 - 7(延長10回タイブレーク)と何だかなぁというスコアで、
辛くも勝利したって感じになりました。

視聴率は、関東地区は7.9%みたいです。
札幌地区の平均視聴率18.4%で、最高視聴率は24.1%だったみたいです。

何故、「アジアプロ野球チャンピオンシップ」の参加国が、
日本・台湾・韓国の3チームだけなのか判りませんが、
せめて豪州・中国が加わって全5チームだったら…もう少しは盛り上がったかもしれません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■関連ブログ記事■■
スッキリのオープニング曲…爽やかなジャーニー Anyway you want it
大谷翔平(エンジェルス)…登板時の曲は「Do Or Die」(Remix)
大谷翔平(エンジェルス)…登場曲はOlly Mursの「Wrapped Up」

タグ
こんにちわプリプリマンです
どうもプリプリマンです
最近の記事
Copyright © プリプリマン(悪魔超人)のヘッドバット = ヒップアタックか All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます