プリプリマン(悪魔超人)のヘッドバット = ヒップアタックか

映画「ボヘミアンラプソディー」から知った(クイーンの曲をこれから本格的に系統立てで深掘りして聴いてみようと考えている)ケツ蒼きQUEEN初心者が、各オリジナルアルバム/各ベストアルバム収録曲/名曲をアマゾンのデジタルミュージックでダウンロード⇒ストリーミング(Amazon Music MP3とかAmazon Music UnlimitedとかAmazon Prime MusicとかAmazon Music HDとか)を無料体験したり…視聴したり…購入したり… それはさて置いてプリプリマンは、「7人の悪魔超人」初登場時にセンターの位置にいた幻の悪魔超人です。団塊ジュニア/第2次ベビーブーマー男子における知名度は絶大な超人です。

記事一覧

洋楽情弱ゥ…エアロスミス元ネタ【ナランチャ】

「ジョジョの奇妙な冒険」の第5部( =黄金の風)の
ブチャラティの舎弟の1人で、小柄なキャラであるナランチャの使うスタンド名は、
まるで電人ザボーガーの如く小型のプロペラ式戦闘機を飛ばし
標的を弾丸で攻撃/爆撃する「エアロスミス」です。

やはりエアロ =空中・航空という意味からでしょうか。
広範囲に空間を飛び交って、遠距離から攻撃できるタイプなので、
単行本を読んでいて(※アニメ版だと視聴していて)スカッとするスタンドです。


U-NEXT

U-NEXT アニメカテゴリーのページへ
U-NEXT(トライアル)登録&解約の手順


エアロスミスの元ネタとは【ナランチャのスタンド】



アメリカの5人編成のHRバンドであるエアロスミスの代表曲は、
何と言っても日米共通で、Walk This Way/邦題:お説教(75年)で決まりでしょう。
わが国でも(主人公ほぼ)明石家さんまの番組「さんま御殿」のエンディング曲として、
長年に渡って使用されているので、多くの国民が耳にしているかもしれません。

なので、全国津々浦々に住んでる民衆の大半は、聞き覚えある“叫び声”だと思います。
ハードロック +ファンキーなグルーヴの融合された要するに“イカした”楽曲で、
何故、邦題 が「お説教」なのか…未だに分かりません。



Walk This Way



「ウォークディスウェイ」を初めて耳にしたのは、
ニッポン放送( =1242)のラジオ番組「南野陽子 ナンノこれしきっ!」のジングルでした。
何だか悪そうな恐い人間達が、激しく演奏しているサウンドだと思いました(86年当時)。

因みに…バンド +ヒカキン(担当:ボイスパーカッション)のコラボレーションで、
「ウォークディスウェイ」をライブで演った動画をYou Tubeで視聴できます。



GET A GRIP



他にもエアロスミスの“ノリのいい”曲として、Fever/フィーバーがあります。
能天気にブッ飛ばして行くナンバーで、非常にライブ映えがすると思います。
個人的には、Eat the Rich/イートザリッチの次に好きなアルバム収録曲です。
両曲とも(高速道路とかの)ドライブのBGMにも打って付けでしょう。

エアロスミスのオリジナルアルバムだと、オリジナル編成リユニオン以降(84年~)の
Get a Grip/ゲットアグリップ(93年)に収録されています。


エアロスミスの最も有名なバラードとは



それからエアロスミスのバラードで、最も有名なナンバーは、
映画「アルマゲドン」主題歌I Don't Want to Miss a Thing/ミスアシング(98年)でしょうか。



I Don't Want to Miss a Thing (From "Armageddon" Soundtrack)



余談ですが、堀江貴文の通称「ホリエモンロケット」( =小型ロケットMOMO3号)が、
3度の延期を乗り越えて、遂に打ち上げに成功した話題が、
「サンデージャポン」(19年5月5日放送)で取り上げられた時に…

(コントロールセンター?みたいなプレハブ小屋から)堀江貴文が、歩いて出て来て、
ロケット発射を見届けた地元住民達に、祝福されている映像と供にBGMで流れた曲が、
何と「ミスアシング」でしたw

地球へ帰還して宇宙服姿で歩いている役者達のシーンと、作業着姿の堀江貴文が、
(建物から)外へ歩いて出て来た映像がシンクロしてしまい…何故か笑ってしまいました。


エアロスミスの最も人気のバラードとは



しかし最も人気のあるバラードの1つとなると、エアロ版「天国への階段」とも言うべき
エピックソングのDream on/ドリームオン(73年)でしょうか。



Dream On



序盤から途中までスティーヴンタイラーは、別人じゃないかって位の低いトーンで歌い
終盤のクライマックス部分で、漸くいつもの叫びをかます劇的な曲です。
まるで男性のオーガズムを具現したかの様な展開です。
(出だしは、ゆっくり静か ⇒徐々に盛り上がって行き ⇒遂には昇天系の構成)

とても米国バンドとは思えない程、ブリティッシュの香りのする旋律です。
同期デビューのクイーンのボヘミアンラプソディの対抗勢力に成り得る楽曲です。

同じエアロスミスの数あるバラードソングの中でも
猪木の「卍固め」「チョークスリーパー」的な必殺ナンバーでありながら、
コンサートのセットリストの定番/鉄板です。

因みに、収録されているエアロのオリジナルアルバムは、
記念すべきファーストのAerosmith/邦題:野獣生誕(73年)に収録されています。


U-NEXT

U-NEXT アニメカテゴリーのページへ
U-NEXT(トライアル)登録&解約の手順

ジョジョ4部…無料動画手順

洋楽情弱ゥ…セックスピストルズ元ネタ【ミスタ】

「ジョジョの奇妙な冒険」の第5部( =黄金の風)でも最後まで死なず
「ブチャラティ」チーム一員の中でも取分け八面六臂に近い躍動感溢れる活躍をしたミスタは、
小柄で可愛い群体系スタンドでありながらピストルの銃弾を縦横無尽に操る
遠距離系スタンドでもある「セックスピストルズ」の能力の持ち主です。

弾丸の複数形(No.1~7 ※No.4は除く) =ピストルズという事でしょうか。


U-NEXT

U-NEXT アニメカテゴリーのページへ
U-NEXT(トライアル)登録&解約の手順


イギリスの4人編成の 「セックスピストルズ」とは、ロックの歴史を語る上で、
ターニングポイントとなる(好き嫌い抜きに)重要なバンドです。


セックスピストルズの元ネタ【ミスタのスタンド】



時は、76年…「セックスピストルズ」は、ロックの新興勢力分野「パンクロック」の旗手として、
既に地位を築いたハードロック&プログレッシブロックの天敵として、
既存の存在へ横槍を入れるべく or風穴を開けるべく or爆撃すべく(?)ロンドンに現れました。

因みに…デビュー曲は、「Anarchy in the U.K.」というまんまダイレクトなタイトルです。



アナーキー・イン・ザ・U.K.



ハリネズミな短髪で、短い単純明快な楽曲をガガガガと勢い良く鳴らし炎上系な内容をガナる
つまりハードロック&プログレッシブロックと真逆の音楽スタイルで、
直情的・過激・反抗・反乱・アンチテーゼ・カウンターカルチャーという事で、
リング上で場外乱闘を繰り広げる様な展開で、70年以降の既成概念を破壊しました。

余計な贅肉をそぎ落とし毒素を輩出して、
シーンのデトックス作用的なムーブメント =パンクかもしれません。

70年以降の足し算&応用技サウンド ⇒ハードロック&プログレッシブロックに対し
60年代のシンプルで直線的なロック =原点回帰 ⇒パンクロックみたいな感じでしょうか。
手の届かない神様的な上の世代の高尚な音よりも身近な同世代の手軽な音と言いましょうか。

例えば79年までの既存の伝統的な漫才を否定したツービートの毒舌漫才の台頭(80年)とか、
「おしゃクソ事変」(07年)以降の有吉や「喧嘩芸」(15年)の鬼越トマホークとか。



NEVER MIND THE BOLLOCKS



しかし今聴くと…デビュー作で唯一のオリジナルアルバム(翌年、バンドは“らしく”空中分解)の
Never Mind the Bollocks/邦題:勝手にしやがれ!(77年)は、
全編通して、何てキャッチーな陽の光を浴びた様なゴキゲンなPOPナンバーばかりだろうと思います。
軽快で心地良いカリカリしたギター含め何だか微笑ましくなります(歌詞の内容は別として)。

思わず自転車を飛ばしたくなりますし又ジョギングのペースも上げたくなります。
部屋の掃除のBGMだったら…凄くはかどるかもしれません。

近所のスーパーの店内BGMだったら…余計に食材を買ってしまうかもしれません。
日常生活に役立つ1枚の可能性があります。


U-NEXT

U-NEXT アニメカテゴリーのページへ
U-NEXT(トライアル)登録&解約の手順

ジョジョ4部…無料動画手順

ギアッチョ…ホワイトアルバム&ジェントリーウィープス元ネタ

几帳面?神経質?下手すりゃアスペなキャラなのか…「暗殺チーム」のメンバーである
ギアッチョのスタンド名は、全身を氷で纏うだけで無く相手を凍らせる能力だけに、
氷 =白色からか「ホワイトアルバム」です。
描写によっては、(Book Offの多摩永山店で)読んでいて寒気を感じてしまいます。

「ワンピース」で言う所の元海軍大将「青キジ」クザンの「ヒエヒエの実」的な能力です。


U-NEXT

U-NEXT アニメカテゴリーのページへ
U-NEXT(トライアル)登録&解約の手順


ホワイトアルバム&ジェントリーウィープスの元ネタとは
【ギアッチョのスタンド】



後期ビートルズの2枚組アルバム通称「ホワイトアルバム」(68年)では、
個人的には、何と言っても元祖ハードロック/ヘビーメタルな
Helter Skelter/ヘルタースケルターが、凄く大きな存在です。

ビートルズの楽曲に対する一般的なイメージとか、
貴方の中の(ポップグループ的な)固定観念を粉々に粉砕する威力があるかもしれません。

他にも(多くの人々が、高確率で耳にした事があるであろう)愉快で軽快な楽曲の
Ob-La-Di, Ob-La-Da/オブラディオブラダも収録されています。



The Beatles (The White Album)



それから「ホワイトアルバム」の応用技?の氷のバリアを造って自身を防御する
「ジェントリーウィープス」は、同アルバムに収録されている
While My Guitar Gently Weeps/ホワイルマイギタージェントリーウィープスです。
ビートルズ終了に向かい才能がバンバン覚醒しているジョージハリスンの作品です。


U-NEXT

U-NEXT アニメカテゴリーのページへ
U-NEXT(トライアル)登録&解約の手順

ジョジョ4部…無料動画手順

洋楽情弱ゥ…ハイウェイトゥヘル元ネタ【マックイイーン スタンド】

「ジョジョの奇妙な冒険」の第6部( =ストーンオーシャン)登場の男の囚人で、
「ワンピース」四皇の一角カイドウみたいな自滅したい願望の有る
自身と共に、相手をも道連れにしたがる(未来の無いw)能力の
サンダーマックイイーンのスタンド「ハイウェイトゥヘル」の元ネタとは…


U-NEXT

U-NEXT アニメカテゴリーのページへ
U-NEXT(トライアル)登録&解約の手順


ハイウェイトゥヘルの元ネタとは【マックイイーンのスタンド】




HIGHWAY TO HELL



Highway to Hell/邦題:地獄のハイウェイ(79年)は、AC/DCのヒット曲でもあり、
結果的に…(デビュー後の)初代ボーカリストであるボンスコットの
置き土産となってしまった楽曲でもあります。

(AC/DCお得意の)終始ミドルテンポで、静寂な闇の空間を縦に切り裂いて行く様な
強靭なリフの連続攻撃を聴き手に向けて、ズシッズシッ又はドスッドスッと食らわします。
ロックンロールを更にマッチョなサウンドに仕立てた感じのナンバーです。

地獄感のある音か、地獄行きっぽい曲か否か…こればかりは、聴き手自身に委ねる処です。

ぶっちゃけ「ハイウェイトゥヘル」を初めて聴いた時、
All Right Now/オールライトナウ(フリー/70年)に似てると思いました。


U-NEXT

U-NEXT アニメカテゴリーのページへ
U-NEXT(トライアル)登録&解約の手順

ジョジョ4部…無料動画手順

岸辺露伴…ヘブンズドア元ネタ【ジョジョ4部 14話 15話】

20歳にして立派で大きな豪邸に、一人暮らしている漫画家で、
(狂気な部分含め)作者の自己投影の部分も反映されているかもしれない
「だが断る」wの台詞で有名な岸辺露伴のスタンド「ヘブンズドア」の
元ネタは、Guns N' Roses/ガンズ&ローゼスの曲名の一部です。

広瀬康一の身体の各部位を書物のページの様にめくり、
言語化/ビジュアル化にして、過去の記憶をインプットしようとしたり、
新たな設定を書き加える描写は、凄くグロテスクで参りました。
果たして、ページ =ドア/扉なのでしょうか。


U-NEXT

U-NEXT アニメカテゴリーのページへ
U-NEXT(トライアル)登録&解約の手順

ジョジョ4部…無料動画手順


ヘブンズドアの元ネタとは【漫画家 岸辺露伴のスタンド】



元々の原曲(73年)は、ボブディランの作品ですが…
個人的には、アメリカ合衆国の5人組編成( +キーボーディスト)のHR/HMバンドである
ガンズ&ローゼスのカバーヴァージョンとして、
Knockin' on Heaven's Door/邦題:天国の扉(90年)を知りました。



USE YOUR ILLUSION 2



アクセルローズの爬虫類っぽい声質は、好き嫌い別れるかもしれませんが、
ブルージーなギター・カントリーっぽいピアノ・ゴスペル風の女性コーラスで、
アメリカの広大な大地を彷彿とさせるサウンドが、聴いていて気持ちいです。

マットソーラムの一打一打力強いドラムも気持ちいいです。

「天国の扉」は、ガンズの数少ないオリジナルアルバムだと
Use Your Illusion2/ユーズユアイリュージョン2(91年)に収録されています。



USE YOUR ILLUSION 1



1991年…2nd且つ2枚組「Use Your Illusion1&2」の発売もあり
各雑誌媒体の「バーン」「インロック」を始め今は亡き「ミュージックライフ」「メタルギア」は、
ガンズ関係の記事が、(お騒がせバンドの側面も有ってか)頻繁に大きく掲載されてました。

当時のガンズ&ローゼスは、(特に春から夏に)まさしく台風の目の様な存在だったと思います。
秋以降、あの忌わしきニルヴァーナが、突如シーンに浮上する前夜というか…


ガンズ&ローゼスの名曲とは…



ついでですが、1stアルバム「Appetite for Destruction」(87年)収録の
Sweet Child o' Mine/スウィートチャイルドオブマインは、
イントロから美旋律~そして透明感ある素敵な歌メロが、耳にスッと入って来て、
そして琴線に物凄く触れる(HR/HMの枠を超えた)素晴らしい名曲だと思います。



スウィート・チャイルド・オブ・マイン [Explicit]



どうもジャンル的に、(或いはアクセルの声とか)敬遠している層の人間であっても…
一聴した途端に、即効で気に入る魅力を持ったナンバーだと思っています。


U-NEXT

U-NEXT アニメカテゴリーのページへ
U-NEXT(トライアル)登録&解約の手順

ジョジョ4部…無料動画手順

こんにちわプリプリマンです
どうもプリプリマンです
最近の記事
Copyright © プリプリマン(悪魔超人)のヘッドバット = ヒップアタックか All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます